パリで春休みを過ごすなら、セーヌ川沿いをのんびり散歩したり、リュクサンブール公園に咲く花々を楽しんだり、にぎやかなカフェの外から街の景色を眺めたり。春にパリのホテルを予約して、冬が去った後に街が生命感に満ちていく様子を眺めましょう。

    1

    屋外カフェ

    パリと春は蜜月の関係です。パリジャンや観光客は、冬の装いを脱ぎ捨てて、屋外カフェの日当たりの良い場所で時間を過ごします。カルチエ ラタンにあるラ パレットのような活気のあるワインバーの常連客は、屋外席で人間観察をしながら、ワインやコーヒーを楽しみます。

    雲行きが怪しくなったら、すぐ近くにある居心地のよいビストロで、フレンチオニオンスープを飲んで身体を温めましょう。

    2

    春のパリコレ

    • ショッピング

    3 月に開催される春のパリコレの時期には、世界的なデザイナー、セレブ、トップモデルがパリを訪れ、パリコレの話題で盛り上がったり、街を巡り歩いたりするため、パリは華々しい雰囲気に包まれます。

    ルーヴル美術館の近くで開催されるショーは業界関係者に限定されていますが、ギャラリー ラファイエットプランタンなどのデパートがファッション ショーを開催するほか、パリのブティックはイベントに向けて飾り立てられます。

    3

    日の当たる場所での散歩やサイクリング

    • 写真
    • アドベンチャー

    木々に花がつき、花が咲く時期に、春のパリを歩けば、日差しがきらめく様子を目にすることでしょう。川沿いの岸辺には本屋が立ち並び、シャンゼリゼの栗の木には新芽を見ることができます。

    パリでは街歩きがおすすめ。特に春は、パレ ロワイヤルの壮大な公共建築物やベルビル周辺の裏通りを見て回るのに最適な時期です。また、パリ市が提供するセルフサービスのヴェリブを利用して、自転車を借りて市内を巡ることもできます。バスティーユで自転車を借りて北に向かい、パリ郊外を抜けてヴァンセンヌの森まで行ってみましょう。

    4

    パリのイースター

    • 家族
    • 食事

    イースターの時期のパリの春休みは、ノートルダム大聖堂での特別な礼拝とお祝いのごちそうなくして語れません。また、たくさんのチョコレートもお忘れなく。ビュット ショーモンブローニュの森などの公園で、お子様向けのイースターエッグ探しが開催されます。

    パリ中のチョコレート ショップの窓は、チョコレートでできたうさぎ、にわとり、たまご、鐘、魚で芸術的に飾られます。カルチエ ラタンのパトリック ロジャー、リュクサンブール公園の近くのクリスチャン コンスタント、マドレーヌ寺院近くのセーヌ川右岸にあるフォションなどは、とりわけ傑出したショコラティエです。

    写真提供 Jim Linwood (CC BY 2.0) 修正済

    5

    ナイト ミュージアム

    • 歴史
    • 写真
    • 格安

    5 月に、一夜限りで、パリのミュージアムとギャラリーは深夜まで営業を続け、さまざまな文化的なショーやイベントを開催します。ルーヴル美術館では映画上映、カルナヴァレ博物館では弦楽四重奏、ポンピドゥー センターでは深夜の現代美術展、オルセー美術館ではコンテンポラリーダンスが行われることもあります。ミュージアムへの入場やイベントへの参加は無料です。

    6

    花咲くリュクサンブール公園

    • カップル
    • 家族
    • 写真
    • 格安

    春になると、リュクサンブール公園の並木道は、木漏れ日で柔らかな雰囲気に包まれます。ヒヤシンスやチューリップが咲き、リンゴの木々が花をつけるにつれて、公園の彩りはその豊かさを増していきます。

    暖かくなると、屋外でチェスのゲームに興じる人もいれば、静かな池のそばに腰を下ろす人もいる一方で、お子様はメリーゴーラウンドやポニーに乗ったり、人形劇を楽しんだりします。

    旅行の計画をスタート !

    Maps