夏にパリを訪れると、この街が自分のものになったように感じられるかもしれません。多くのパリジャンは休暇を別の場所で過ごすため、混雑する場所も少なく、のんびりした雰囲気を味わえます。気温は穏やかで、市内の多くの公園や屋外エリアを早朝から深夜まで十分に楽しむことができます。そして 6 月から 9 月にかけては、この「光の都」で驚くほどさまざまなイベントやフェスティバルが開かれます。

    冬の服を脱いで、夏にパリを訪れるべき理由を読んでみてください。ビーチでのんびり過ごしたり、買い物三昧を楽しんだり。フランスの首都の夏は、一風変わった素敵なチャンスに満ちています。

    1

    パリ プラージュのビーチでのんびり

    • 家族
    • 格安
    • ユニーク

    夏にパリの中心部のビーチでくつろぐことができることをご存知でしょうか。毎年 7 月から 8 月までパリ市庁舎が主催するパリ プラージュ (パリビーチ) は、セーヌ川のほとりで開催されるイベントです。市庁舎の前のパルク リヴ ド セーヌや市の北東部のラ ヴィレット運河流域では、砂の上で時間を過ごすことができます。川の土手は、砂、サンラウンジャー、パラソル、ヤシの木によって、ビーチに変貌を遂げます。軽食や飲み物の屋台のほか、カヌーなどのスポーツ アクティビティもお楽しみいただけます。

    2

    音楽と映画のフェスティバルに参加する

    • 写真
    • ナイトライフ

    夏のパリは、誰が見ても祭りの街です。この街は、6 月中旬から 8 月末まで、大規模な数々の野外音楽フェスティバルに多くの音楽ファンを惹き寄せます。6 月のフェット ド ラ ミュジーク (パリ ストリート ミュージック フェスティバル) から、パリ ジャズ フェスティバル、ロラパルーザ パリ、ロック アン セーヌまで、パリの夏は音楽で満ちあふれます。映画がお好きな方には、ラ ヴィレット公園の芝生の上で開催される屋外シネマをおすすめします。フェスティバル中はいつでも、素晴らしい映画の数々を無料で鑑賞できます。

    写真提供 Anthony Molina (CC BY-SA 4.0) 修正済

    3

    夏のパリはいつもよりにぎわいつつ、いつもより静かです

    変に聞こえるかもしれませんが、夏のパリはいつもよりにぎわいつつ、いつもより静かです。夏休みが長いため、多くのパリジャンが街を離れて別の場所で休暇を過ごし、公共交通機関や繁華街は鳴りを潜めます。しかし、夏には多くの観光客がこぞってフランスの首都を訪れるため、最も象徴的な観光スポット (エッフェル塔やルーヴル美術館など) には長い待ち行列ができます。パリで観光客が生み出す混雑を避けたければ、事前にオンラインでチケットを購入したり、早朝に行ったり、訪問に最適な日を選んだり、あまり知られていない観光スポットを調べておいたりすることをおすすめします。

    4

    夏のパリはお買い得 !

    • ショッピング

    フランス語ではレ ソルドとして知られる夏のセールは、7 月上旬から 8 月末まで開催されます。通常価格から 30% ~ 70% の割引価格で購入できます。事前に調べて、興味のある品々を最も幅広く取りそろえたお店を見つけておくことをおすすめします。押し合いへし合いを覚悟の上で、セール初日の早い時間帯にそのお店に行きましょう。興味深いことに、夏のセール期間は、割引率が増加していきます。最初の数週間は約 30% ですが、夏の半ばには約 60% になり、8 月末には最大 80% まで増加します。つまり、夏のセールの終わり頃でも満足のいく買い物ができるので、急ぐ必要はないということです。

    5

    エッフェル塔の下で軽食

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    シャン ド マルス公園 (フィールド オブ マーズ パーク) は、エッフェル塔を囲む 300,000 平方メートルの公共緑地です。あまりしっくりこないかもしれませんが、夏には、ピクニックを楽しんだり、「鉄の女」の足元の芝生でくつろいだりすることができます。ル シャン ド デリスル ルペール ド バッカスでサンドイッチとボトルワインを購入しましょう。シャン ド マルスから 300 m 離れたサン ドミニク通りにあります。そして、草の上に快適な場所を見つけ、思い出に残る環境でお食事をお楽しみください。

    6

    セーヌ川のクルーズに最適な時期

    • カップル
    • 家族
    • 写真

    言うまでもなく、常に人気のあるセーヌ川でのクルーズは、夏にはその楽しさが倍増します。7 月と 8 月の気温が 16 °C から 25 °C の範囲であるため、バトー ムーシュの上階の屋外デッキは、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、ルーヴル美術館など、パリの最も象徴的な観光スポットを鑑賞しながら日焼けをするのに最適な場所となっています。

    7

    カフェのテラスから世界を眺める

    • カップル
    • 食事

    夏は、パリの中心部にあるカフェのテラスでドリンクを楽しむのに最適な時期です。ただ座って、コーヒーを片手に、進んでいく世界をご覧ください。パリは象徴的なカフェに事欠きませんが、おすすめできる 3 つのカフェを選びました。

    • 1880 年にサンジェルマン大通りにオープンしたカフェ デ フロールは、1940 年代にパブロ ピカソなどの有名人が足繁く通ったことで有名です。
    • ル フーケは、豪華なシャンゼリゼ通りにある高級カフェです。ドリンクを楽しむのには最適な場所ですが、料金は高めですのでご注意ください。
    • カフェ ボーブールは、サン メリ通りのポンピドゥー センターに面しています。夏のテラスは、人間観察に最適な場所です。
    8

    夜のパリを探索

    • カップル
    • 写真
    • ナイトライフ

    夜のパリでは、素晴らしい光がそのモニュメントや建物の多くを照らし出し、別次元の魅力をまといます。「光の街」のニックネームがよく似合います。夏の間は温暖な気候なので、夜でも快適に街を探索できます。ポンヌフとシュリー橋の間にあるセーヌ川沿いを散策しましょう。照らし出されたノートルダム大聖堂と川岸に立ち並ぶ古き良き建物の素晴らしい景色を目にすることでしょう。歩くのに気が進まない方には、セーヌ川でのクルーズがおすすめ。4 月から 9 月までの間、午後 10 時 30 分までご利用いただけます。

    Stephan Audiger | 旅のプロ

    旅行の計画をスタート !

    Maps