パリの人気エリアはどこも、楽しい活気に満ちていて、歩いて回るのが一番です。パリには、フランス語で「アロンディスマン」と呼ばれる区が中心部から時計回りにらせん状に並んでいて、各エリアそれぞれに独特の特徴と歴史があります。

    オートクチュールの店舗が並ぶ大通りや、美術館、ギャラリーが街のあちこちにあり、行き交う人をのんびりと眺めることができるおしゃれなカフェもたくさんあります。ここでは、食事、ナイトライフ、ショッピングなど、さまざまな目的におすすめのエリアをリストアップしました。今度のパリ旅行ではどのエリアに行きますか ?

    パリの人気エリア

    1

    バスティーユ

    オペラ鑑賞を楽しむ

    セーヌ川のほとりにあるバスティーユは、パリの歴史にとって重要な役割がありました。革命を繰り返した過去の遺跡はほとんど残されていませんが、かつてのカルチエとナシオン広場の間で時々、デモが見られることもあります。現在では、オペラハウス、インディーズ ブティック、古いレコード店、さまざまなグルメで多くの人を惹きつけています。

    時間と予算があれば、現代的なオペラ バスティーユでショーを鑑賞してはいかがでしょうか。また、ヴィアデュック デ ザールのショップを見て回ったり、他の区につながる高台の公園を散策したりするのもおすすめです。

    地図
    2

    バティニョール

    パリのブランド ショップでお買い物

    バティニョールは、モンマルトルの西側に位置し、自由奔放な雰囲気のある村のようなエリアです。幅広いジャンルのショップからビンテージブティックまで、さまざまなショッピングを楽しむことができます。また、「ドロシー ビュッチャー」や「レ パサント」など一風変わったコンセプトのお店もあり、アクセサリーや陶器、服まであらゆるものを買うことができます。

    近くには、流行りのレストラン、パン屋、ビストロなどもあるので、観光前にエネルギーチャージするのにもぴったりです。おすすめは「ドーズ」。他のカフェによくある苦味の強いコーヒーとはひと味違うコーヒーを飲むことができます。

    地図
    3

    サン マルタン運河

    運河でピクニック

    サン マルタン運河は、水路で有名な人気のエリアです。ジャン=ピエール ジュネの映画『アメリ』を見たことがあるなら、この運河の鉄の歩道橋や陰影のある岸壁も見たことがあるはずです。運河を楽しみたいなら、ボートに乗るのがおすすめ。地元住民と同じように楽しみたいなら、運河のほとりでピクニックをしたり、ホテル デュ ノルドのビストロに行ったりするのはいかがでしょうか。ここは、1938 年公開された映画『マルセル カルネ』のロケ地になって以来、人気のスポットとなっています。

    運河沿いは、国際的に高く評価されている将来有望なフランス人デザイナーのショップが軒を連ねます。運河をさらに進むと、「メイク マイ レモネード」というクリエイティブなワークショップがあり、ここでは、自分だけの服を作り、デザインする方法を学べます。

    地図
    4

    マレ地区

    パリの歴史深いユダヤ人街

    マレ地区は、パリでもひときわ小さな地区ですが、パリのにぎやかな通りから離れた小さな路地には、カフェ、バー、ブティックなどの印象的なお店が数多くあります。このエリアでは、「ラズ ドュ ファラフェル」などの中東レストランでファラフェルを食べるのがおすすめ。

    「パサージュ ドゥ ランクル」は散策に最適な隠れスポット。第二次世界大戦中に人々が身を隠した古い石畳の通路です。このエリアには、パリ最古の傘修理店「ペップス」などの趣のあるショップやレストランが立ち並んでいます。近隣には、ピカソ美術館やヨーロッパ写真美術館などさまざまな美術館があります。

    地図
    5

    ピガール

    ビンテージ デザイナー アイテムを購入

    ピガールは、オー マレと同じくらいひねりがあり流行に敏感なエリアです。サクレ クール寺院からほど近い場所にあり、世界中のグルメを満足させるレストラン、ビストロ、ショップが軒を連ねます。

    ピガールは、ナイトライフも充実しており、あの有名な「ムーランルージュ」もあります。飲みに出かけるならフローショ通りがおすすめ。この通りには、自分のお気に入りを探せるさまざまなバーが立ち並んでいます。「リュリュ ホワイト」や「グラス」では、アブサンベースのカクテルが楽しめます。この界隈には、人気のブティックも数軒あります。「セット サンク」や「ミスター フィッシュ」などビンテージショップやコンセプトストアなどが混在しています。

    地図

    写真提供 flightlog (CC BY 2.0) 修正済

    6

    モンパルナス

    フレンチのビストロでおかず系クレープをいただく

    クレープ、ビストロ、そしてさまざまなショップでにぎわうモンパルナスは、セーヌ川左岸にあり、魅力的でのんびりした雰囲気を楽しめます。「ラ クーポール」、「ル ドーム」、「クロズリー デ リラ」などが人気の場所です。

    カルティエ現代美術財団では、絵画、写真、マルチメディアなどさまざまな芸術活動を毎年紹介しています。疲れたらこのギャラリーの庭園にあるカフェでひと休みしましょう。このエリアで最高の景色をみるには、モンパルナス タワーの 56 階がベスト。フランスの首都をパノラマビューで楽しむことができます。もちろんエッフェル塔も一望できます。

    地図

    写真提供 besopha (CC BY 2.0) 修正済

    7

    オベルカンフ

    パリで人気のバーに飲みに行く

    オベルカンフは、パリで活気に満ちた最先端を行く地域で、年季の入ったおしゃれなバー、地下バー、おしゃれなワインバー、コンサートホールなどであふれています。お手頃価格の冷たいビールを片手にナイトライフを楽しみたい 20 代にはぴったりの地区です。

    はしゃげる場所もたくさんありますが、オベルカンフはアーバンアートでも有名で、デノイエ通りというメトロのすぐそばにある小さな通りの壁や窓には、色鮮やかなアートが描かれています。この場所は、かつてブティックやショップが立ち並んでいましたが、ビジネスの動きが遅く、最終的にはビジネス向きではないと断念され、現在はストリートアートが盛んなエリアに変貌しています。

    地図

    写真提供 Patrick Nouhailler (CC BY-SA 3.0) 修正済

    8

    パレ ロワイヤル

    活気ある市内の静かな場所で安らぎを

    • 歴史
    • カップル
    • 家族
    • 写真

    パリの 1 区にあるパレ ロワイヤルは、ルーブル美術館やチュイルリー ガーデンなどの観光地があります。17 世紀からあるこの宮殿は、有名な美術館のすぐそばにあります。静寂に包まれたこの庭園は、観光目的でなくてもパリの魅力が詰まった場所です。

    もうひとつ行ってみたい癒しスポットに、ジャルダン デュ パレ ロイヤルがあります。美しい木々、バラ、噴水が並ぶこの場所では、パリの観光客の喧騒から離れて静かに過ごすことができます。家族で過ごすなら、日光浴をしたり、噴水の近くでリラックスしたりするのはいかがでしょう。

    地図
    9

    サン ジェルマン デ プレ

    文学史に登場するカフェでひと休み

    「サン ジェルマン デ プレ」は、パリの 6 区にあり、セーヌ川左岸からリュクサンブール公園まで広がります。この地区には、文学的で革命的、そして芸術的な一面があります。このエリアにある「レ ドゥ マゴ」や「カフェ ド フロール」の 2 軒のカフェは、1920 年代から 1930 年代にかけて、影響力のある哲学者、作家、芸術家が好んで通っていました。パブロ ピカソ、アルベール カミュ、ジャン=ポール サルトルなどの偉人が頻繁にこれらのカフェに出入りしていたと言います。

    サン シュルピス教会から少し歩いた場所には、リュクサンブール美術館があります。時期によって、レンブラント、レオナルド ダ ヴィンチ、ラファエルの作品が収蔵されていることもありました。常設作品はないので、展示物は年に数回変わります。

    地図

    写真提供 Celette (CC BY-SA 4.0) 修正済

    10

    カルチェ ラタン

    パリを象徴する本屋をチェックする

    パリの 5 区にあるラテン区は、本好きには見逃せないスポット。中世を思わせる路地、家族全員が楽しめる観光スポット、「シェイクスピア アンド カンパニー」などの本屋がある市内最古の地区のひとつです。市内で 2 番目に古いソルボンヌ大学もあります。また、ヴィクトル ユゴー、ヴォルテール、マリ キュリーなどの有名フランス人のお墓がある「霊廟パンテオン」もこの地区にあります。

    中世やルネッサンス関連の遺跡の他にも、上質でありながらお財布にも優しいレストラン、ブティック、ホテルなどがあります。オデオン広場でもこうした施設を見つけることができます。暖かい季節には、観光客や地元住民がここに集まり、広場から見える魅力的なパリの建物の前で日光浴を楽しんだり、コーヒーを飲んだりして過ごします。

    地図

    写真提供 Oliver Romo Miranda (CC BY-SA 3.0) 修正済

    11

    モンマルトル

    パリで芸術が盛んなエリアを散策

    モンマルトルは、市内で最も絵になる場所のひとつです。都心にいながら村のような雰囲気を感じられる趣のあるエリアとなっています。丘の上にはひときわ目立つサクレ クール寺院があります。今でも画家、音楽家、作家の心を惹きつけてやまない芸術的な街として有名なモンマルトルですが、夜は非常ににぎやかになります。生演奏が行われる場所やナイトクラブがあり、南西側の丘を下った先にある「ムーラン ルージュ」では世界的に有名なキャバレーショーがあります。

    所在地 : 18th Arrondissement of Paris, France

    地図
    Geri Mileva | コントリビューティングライター

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps