フィンランドはヨーロッパの最北東に位置する、「極端な」国。夏は 24 時間照り続ける太陽とハイキング トレイル、冬は不気味なほどの暗闇と激しい地吹雪。フィンランドで何をすべきかは季節によって大きく異なります。大自然はこの国の大きな特徴。約 188,000 もの湖があり、「大」自然という言葉だけでは表現しきれません。さらに北に行くとより野性味があふれ、北極圏に達する地ではオーロラを見られる可能性も。

    とは言っても、フィンランドは冒険好きな旅行者だけが行く場所ではありません。首都ヘルシンキは、美しい歴史的建造物と非常に印象的な現代建築が共存する文化の中心地です。そしてタンペレに数多くあるのは博物館、音楽、アート。ラウマにはユネスコの世界遺産である非常に広大な木造の旧市街があります。フィンランド人は国の遺産を記憶にとどめ誇りに思っていますが、一方非常に先進的な人々もいるハイテクな国でもあります。

    フィンランドの人気目的地

    次はどこに行きますか ?
    • ヘルシンキ

      フィンランドの首都ヘルシンキは、先進的な革新と人々に愛される伝統の融合が魅力的な都市です。多くの観光客が真っ先に向かうのは、見れば驚くこと間違いなしのユネスコ世界遺産に登録されたスオメンリンナ島の要塞。その歴史は 1700 年代にまでさかのぼります。印象的な銃眼つきの胸壁と曲がりくねったトンネルを探索したら、街全体を眺めながらぶらぶら歩いてみましょう。

      ヘルシンキでは、ロシア皇帝アレクサンドル 2 世像がそびえ立つ元老院広場にぜひお立ち寄りを。新古典主義の建造美は必見です。デザイン地区ではナチュラルでかっこいいライフスタイルを提案する店を見て回ってから、様々な料理が楽しめるにぎやかな場所へ向かうのがおすすめ。

      続きを読む

    旅行の計画をスタート !

    ヨーロッパの人気目的地

    その他の目的地