ロンドンの有名建築には、多目的アリーナ、歴史的な公共建築、世界的に有名な音楽ホール、サッカースタジアムなどがあります。これだけ数多くの有名な建物、特徴的な建物、歴史的な建物が 1 つの地域に集まっているエリアは、世界でもそう多くはありません。公共交通機関が広く整備されているので、1 つの観光地からまた別の観光地へと、簡単に移動できます。

    ロンドン塔からビッグベンと国会議事堂、そしてウェンブリー スタジアムまで、ロンドン滞在中に歴史と魅力に満ちた世界をぜひ堪能してください。サッカー選手権の試合を観戦するのも、古典演劇を楽しむのもよし、または歴史的建造物を見学したり、活気のあるアートギャラリー内を見て回ったりするのもよいでしょう。すべてがここにそろっています。ロンドンの素晴らしい建築をチェックしてみましょう。

    1

    ロイヤル アルバート ホール

    有名なプロムズのコンサート シリーズ本拠地を見学

    ロイヤル アルバート ホールは、ロンドンのケンジトン近隣にあるイングランドで最も人気のコンサートホールであり、プロムズ コンサート シリーズの本拠地でもあります。丸い形をした講堂のすばらしさは圧巻の一言に尽き、その自然音響は壮観というほかありません。ロイヤル アルバート ホールでは、クラシック音楽が演奏されるだけでなく、ニューウェーブやゴスバンドも含めたオーケストラのような少し変わったショーを手掛ける世界の主流アーティストにも人気の場所です。クラシック音楽、ヒップホップ、ヘビーメタルまで、このホールでは、幅広い種類の音楽やエンターテインメント パフォーマンスが開催されています。

    所在地 : Kensington Gore, South Kensington, London SW7 2AP, UK

    営業時間 : 各パフォーマンスによって異なります

    電話番号 : +44 (0)2075 898212

    地図
    2

    ウェンブリー スタジアム

    大きなサッカーの試合や世界規模のミュージック パフォーマンスを鑑賞

    ウェンブリー スタジアムは、ヨーロッパ最大の巨大なサッカースタジアムであり、イングランド代表サッカーチームと FA カップ決勝戦のホームスタジアムでもあります。スタジアムには座席が 9 万席あり、高さ 134 m のウェンブリーアーチが 75% のスタジアムの屋根の負荷を支えています。サッカー以外に、ライブイベントなども開催されます。過去には、ジョージ マイケル、ボン ジョヴィ、U2、メタリカ、フー ファイターズ、グリーン デイ、テイラー スウィフトなどの国際的なアーティストがこのスタジアムでコンサートを開きました。ロンドン旅行をするなら、このスタジアムは見逃せない観光スポットです。ロンドン地下鉄の 2 駅から簡単にアクセスできるのでぜひ足を運んでみてください。

    所在地 : London HA9 0WS, UK

    営業時間 : イベントにより異なります

    電話番号 : +44 (0)8001 699933

    地図
    3

    サウスバンク センター

    音楽、ダンス、劇場、アートがすべて揃った複合施設を見る

    サウスバンク センターは、テムズ川のサウスバンクにある複合施設で、ヨーロッパ最大級の芸術センターでもあります。ここには、3 つのメイン パフォーマンス会場とアート ギャラリーがあり、毎年 400 万人以上の観光客が訪れます。センターでは、年間 2,000 以上の音楽、文学、ダンスの有料パフォーマンスが開催されています。プロによるショー以外にも、教育プログラム、ワークショップ、ゲストをお迎えしたショーなど 2,000 以上の無料イベントを開催しています。さらに、ヘイワード ギャラリーでは、毎年最大 6 つの主要な美術展覧会が催されています。

    所在地 : Belvedere Road; London, SE1; UK

    営業時間 : 会場と催しの内容によって異なります

    地図
    4

    ザ シャード

    ロンドンの空を貫く、ガラスの破片のように尖がった超高層ビル

    • 家族

    ザ シャードは、ロンドン中心部の空を貫くように尖がった形状をした超高層ビルです。高さは 310 m あり、中からは街並みを垂直に見下ろすここだけの景色を楽しめます。このアイコニックなタワーは、2012 年に竣工し、都市のシンボルとなっています。最上階からは、テムズ川から都市の向こう側にある丘までを含む、全方向 64 km 先まで見渡すことができます。ザ シャードの設計は、レンゾ ピアノが手掛けました。当初、彼は、超高層ビルの建設は自分には派手すぎると考え、関心を示していませんでしたが、構想が決まるとピアノはそれに同意し、ロンドン橋からスチールガラス構造の建物の建設を開始しました。この建物は、困難に耐え、何世紀にもわたる勝利と伝統を祝う都市の象徴でもあります。

    所在地 : 32 London Bridge St, London SE1 9SG, UK

    電話番号 : +44 (0)8444 997111

    地図
    5

    セント ポール大聖堂

    広大なドーム型空間でささやき声を聞く

    セント ポール大聖堂は、3 世紀ではロンドンの街の支配的な象徴でしたが、現在では、象徴的かつ歴史的なバロック建築として、街の崇高で荘厳なシンボルとなっています。1711 年にオープンしたこの大聖堂は、国宝として扱われています。チャールズ皇太子とダイアナ妃はここで結婚式を挙げ、マーティン ルーサー キング ジュニアは、ここで有名な説教を行いました。『ハリー・ポッター』や『メリー・ポピンズ』などの人気作品にも登場しています。大聖堂は、ロンドン ブリッツと 1913 年のサフラジェットの爆撃に耐え、司教の座を世に知らしめました。また、ささやきの回廊としても有名で、珍しい音響により同じ部屋にいる人のささやき声が遠くからでも聞こえる現象が起こります。

    所在地 : St. Paul's Churchyard, London EC4M 8AD, UK

    電話番号 : +44 (0)2072 468350

    地図
    6

    ロンドン塔

    クラウンジュエルが収められているロンドン塔

    ロンドン塔には、約 1000 年間もの長い歴史があり、有名な刑務所から処刑塔、そしてクラウンジュエルの収蔵地としての役割を果たしてきました。ロンドン塔はもともと、ウィリアム 1 世がロンドンの力を誇示するためにロンドンの中心に建設したものです。13 世紀には、王立動物園としても使用されています。この塔は、アン ブーリン、サー ウォルター ローリー、ガイ フォークスなどを拷問し、処刑した場所として有名ですが、現在では、クラウンジュエルの収蔵地でもあります。1 年以上前から予約して運が良ければ、毎晩行われる鍵の儀式を見ることができるかもしれません。

    所在地 : St Katharine's & Wapping, London EC3N 4AB, UK

    電話番号 : +44 (0)2031 666000

    地図
    7

    英国国会議事堂

    イングランド政治の中心地を見学

    ウェストミンスター宮殿は、国会議事堂が集まるイングランド政治の中心地です。非公式ではありますが、英国国会議事堂として知られており、何世紀にもわたる歴史と伝統があります。正式名は隣接するウェストミンスター寺院が由来しています。イングランドの主君が所有しており、今でも儀式の目的で王室の住居として機能しています。この宮殿は、ロンドンで最も観光客が足を運ぶ観光地のひとつです。また、ロシア皇帝ニコライ 1 世は、「夢の石」と呼んでいました。グレード I 指定建造物に指定され、世界遺産にも登録されています。気軽に入場はできませんが、特定の制限付きエリアには、チケットを購入して入場することができ、委員会の観覧を申し込むこともできます。無料のガイド付きツアーも用意されています。

    所在地 : Westminster, London SW1A 0AA, UK

    営業時間 : 月 ~ 金 : 9am - 5pm (定休日 : 土日)

    電話番号 : +44 (0)2072 193000

    地図
    8

    テート モダン

    世界で最も人気のアートギャラリーに行く

    テート モダンは、もともと、イングランドで最初の石油火力発電所でしたが、現在は、有名な現代美術を展示する文化的アイコンへと改装されました。1940 年代に建てられ、1980 年代に閉業したこの施設ですが、2 人の無名職人が現在の美術館に変える案でコンペを勝ち取るまでは絶望的な状態でした。現在では、世界でも屈指の来場者数を誇る美術館となっています。テート モダンは、観光名所としてだけではなく、テムズ川のサウスバンク エリアを活性化するための役割も担っています。ここでは、この歴史的建物や数十年の歴史にもわたる何千もの重要な芸術作品の数々を鑑賞できます。

    所在地 : Bankside, London SE1 9TG, UK

    電話番号 : +44 (0)2078 878888

    地図
    9

    ガーキン

    インスタ映え間違いなしのガラス製の銃弾形超高層ビルを見る

    ガーキンは、まるでロンドンの空を突き抜けるような景観を見せる高さ約 180 m の超高層ビルで、ナイアガラの滝の 3 倍の高さがあります。この驚異の建造物の正式名は「30 セント メリー アクス」といい、フン族のアッティラ王の斧が消えた後に、ここに収納されたと信じられている伝説の教会が名前の由来となっています。建設中には、ローマ人の女の子の遺体が発見されました。彼女の葬儀後は、近くに埋葬されたそうです。銃弾形超高層ビルが発表された当初は、世間からの反応は冷たいものでしたが、開業するとすぐに、地元人からの人気を博し、今では、観光客必見のスポットになりました。鋼鉄とガラスでできた建物は普段はオフィスビルとして用いられていますが、​その外観はインスタ映えすること間違いなしです。

    所在地 : 30 St Mary Axe, London EC3A 8BF, UK

    電話番号 : +44 (0)2070 715029

    地図
    10

    ナショナル シアター

    ロイヤル シェイクスピア カンパニーによるショーを鑑賞

    国立劇場は、ロンドン市民の間で物議を醸している個性的な建築が特徴ですが、開業以来、ロンドン文化を代表する観光スポットとして人気があります。1976 年にオープンして以来、この劇場は、ロンドンで最も嫌われている建物と最も愛されている建物の両方にノミネートされています。サウスバンク センターに隣接する国立劇場は、超現代的かつ角張った外観の美しさで、ブリータリスト建築様式を象徴しています。ロンドン建築ツアーで、この劇場に行くことができます。もちろん、ロイヤル シェイクスピア カンパニーやロイヤル オペラ ハウスからの公的資金による舞台芸術のパフォーマンスも開催されています。

    所在地 : Upper Ground, South Bank, London SE1 9PX, UK

    営業時間 : (営業時間はパフォーマンスにより異なります)

    電話番号 : +44 (0)2074 523060

    地図

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps