ロンドン トラベル キットには、英国でも屈指の人気を誇る目的地への旅行を計画するのに役立つ重要な情報をまとめました。どんなに旅慣れた人でも、旅立つ前に必ず確認しなければならないことがあります。現地の天候の様子、空港からホテルまでの行き方、必要な通貨とプラグの種類など、これらすべてにお答えするほか、旅行におすすめのシーズン、行き方、おすすめの観光ルートについての基本的な情報など、役に立つ旅行のヒントもいくつかお教えします。

    すべてこのロンドン トラベル キットに詰まっています。この読みやすくまとめられたガイドを読み終える頃には、ロンドンへ旅立つための準備がいくらか整っているはずです。

    1

    ロンドン旅行におすすめの時期 (気象情報)

    ロンドンの気候は年間を通じて温暖で、夏の最高気温は 30ºC 程度、冬の最低気温は 0ºC をやや上回る程度です。

    • 最も降水量が多いのは 1 月から 11 月にかけてですが、一年中いつでも雨が降ります。
    • 春と夏は観光のピークシーズンのため、ホテルの宿泊料、航空券もピーク料金となります。
    • 訪れるのに理想的な時期は 9 月です。まだ天候が穏やかで、いくつもの祭りが開かれます。
    2

    ロンドンの基礎知識

    • 主要言語 : 英語
    • プラグの種類 : タイプ G
    • 電気 : 220v
    • 通貨 : 英国ポンド (£)
    • 国際電話コード : +44
    • 緊急通報番号 : 999
    地図
    3

    市内への入り方

    英国は島国なので、大多数の人は飛行機でロンドンへ来ることになります。ロンドンには主要な空港が 3 つあり、それぞれ市の郊外に位置しています。その他の主な輸送手段としてはユーロスターがあり、英仏海峡トンネルを経てフランスに繋がっています。

    ヒースロー空港

    旅行者が到着するのはヒースロー空港であることが多いでしょう。街の西端にあるロンドンの国際的なハブ空港です。すべてのターミナルは、地下鉄のピカデリー線に接続しています。

    • ロンドン中心部への行き方 : ロンドン中心部へはたっぷり 1 時間はかかりますが、便利なヒースロー エクスプレスという名前の急行列車もあり、パディントン駅までわずか 15 分で到着します。標準的なメーター制の黒タクシーに乗ると、市の中心部まで £70 はかかると思ってください。


    ガトウィック空港

    ロンドンで 2 番目に大きい空港は、街の真南にあります。世界で最も忙しい単線滑走路の空港で、主にヨーロッパ圏内のフライトと一部の長距離便に使用されています。

    • ロンドン中心部への行き方 : 鉄道の場合、ガトウィック エクスプレスに乗ればビクトリア駅までわずか 30 分で到着し、15 分ごとに出発しています。鈍行列車はロンドンの他の地域へも走っています。タクシーの場合、事前に予約したタクシーで £50 以上、黒タクシーであればさらに高くなります。


    スタンステッド空港

    ヨーロッパ各地から格安航空会社を利用する場合は、ロンドンの北東にあるスタンステッド空港を利用する可能性が高くなります。

    • ロンドン中心部への行き方 : ロンドン中心部へ行くには電車を利用するのが最適です。スタンステッド エクスプレスに乗れば、ロンドン中心部の東側にあるリバプール ストリート駅まで 45 分で行くことができます。また、コーチも安価で利用できます。所要時間は 1 時間を少し超える程度です。タクシーは最も高額です。市内までは £50 を超えるでしょう。


    セント パンクラス国際駅

    セント パンクラスはロンドンのユーロスターのターミナル駅で、ヨーロッパ本土のパリとブリュッセルからの電車が到着します。セント パンクラスとロンドンの他の地域を結ぶ地下鉄の路線が 6 本あるほか、バスの路線も多く、ロンドンタクシーが常時走っています。ロンドンにはナショナルレールの主要駅が 1 つもないことを覚えておいて損はありません。すべての主要なターミナルでは、国内のさまざまな地域にアクセスできます。

    4

    ロンドンを散策する

    旅行のヒント

    オイスターと呼ばれるスマートカード システムは、ロンドンのすべての公共交通ネットワークで利用できます。地下鉄の駅にある自動販売機で入手して、フルチャージしてから出かけましょう。地下鉄とオーバーグラウンドの運賃はゾーンごとに計算されますが、バスは定額です。また、Apple Pay と Android Pay を含め、非接触型のクレジットカードとデビットカードもすべてのサービスで利用できます。

    5

    地下鉄の利用方法

    チューブまたはアンダーグラウンドとして知られるロンドンの地下鉄システムは、世界に先駆けて導入されました。150 年の歴史にもかかわらず、21 世紀に突入した今もなお、その象徴的な魅力を維持しています。

    • オイスターカードは、公共交通機関の支払いに便利です。また、すべての駅の券売機や窓口で、片道切符や 1 日券を購入できます。
    • 11 の路線があり、すべてに異なる名前と色が割り当てられています
    • 列車は午前 5 時 30 分から真夜中過ぎまで運行しており、金曜日と土曜日は一部の路線で終夜運行しています。
    • オーバーグラウンドの路線 (地図上でオレンジになっています) も地下鉄ネットワークの一部と言ってよく、特にロンドン東部のおしゃれな地区に行くには便利です
    6

    バスの利用方法

    もう 1 つのロンドンの象徴的な交通機関である市内バスは、いたるところにあり、とても赤いです。そのトップデッキは市内観光に最適で、特にフロントシートがおすすめです。

    • 前のドアから入り、現金の利用は不可のため、カードリーダーにオイスターカードまたは非接触型クレジットカードをタップしてから、座席につきます
    • バスに乗車する前にオイスターカードを購入する必要があります。車内で購入することはできません
    • すべてのバスの停留所にマップがあるため、最善のルートを見つけましょう。
    7

    ロンドンをタクシーで巡る

    ロンドンを象徴するブラックキャブは簡単に見つかるので、すぐに路上で呼び止めたり、タクシー乗り場でタクシーを拾ったりできます。オレンジのライトを探しましょう。

    • すべてメーター制で、運転手が目的地への最適なルートを見つけてくれます
    • メーターは約 £3 から開始します
    8

    車でロンドンを巡る

    ロンドンで車を使用するご予定がある場合は、もう一度考えてみてください。街での滞在だけなら、あまりメリットがありません。

    • ロンドン中心部で運転するには、1 日 £10 を超えるコンジェスチョン チャージを支払う必要があります。
    • 駐車料金は非常に高額となる場合があります

    写真提供 Mariordo (CC BY-SA 3.0) 修正済

    9

    自転車

    ロンドンのレンタル自転車のネットワークは広域に及び、時間を経るごとに拡大しています。公園をサイクリングで短時間で見て回ったり、またはゆったりと巡ったりするのに最適で、旅行者にもとても便利です。

    • 必要なのは、ドッキングポイントでクレジットカードまたはデビットカードを使って利用権を取得することだけです
    • 最初の 30 分は無料で、その後 30 分ごとに課金されます

    写真提供 Nick-D (CC BY-SA 4.0) 修正済

    旅行の計画をスタート !

    Hotels.com で予約するメリット

    旅行情報

    新型コロナウイルス (COVID-19) 関連の制限事項をご確認ください。

    詳細はこちら
    ページトップに戻る

    Maps