大英博物館には、世界有数の貴重な歴史的資料や美術品が展示されています。設立以来 250 年にわたり、世界中の人々が大英博物館に近いロンドンのブルームズベリー地区に宿泊し、人類の歴史を目の当たりにしてきました。現在も世界屈指の人気を誇る博物館であり、常設展示は完全に無料で見ることができます。クリスマスと元旦を除き、年中無休で午前 10 時から午後 5 時 30 分まで (木曜と金曜は午後 8 時 30 分まで) 開館しています。

    1

    古代の芸術品

    7,000 年前まで遡る、初期の近東文明 (ギリシャとローマ) の時代の芸術品。大英博物館には古代人の栄光が展示されています。物議を醸しているエルギン マーブルはアテネのパルテノン神殿からもたらされたものですが、非常に大きいために専用の部屋が設けられています。3 つの言語が記されているロゼッタストーンは、エジプトの象形文字を解読する鍵となりました。いつも見学者でいっぱいです。エジプトのミイラは日の光の下で見るのがおすすめです。日没後の展示室は、少し不気味な雰囲気になるかもしれません。

    写真提供 Mario Sánchez Prada (CC BY-SA 2.0) 修正済

    2

    小さなものに秘められた歴史

    歴史を表しているのは大きなモニュメントだけではありません。小さなものにも同じように記憶を呼び起こす力があります。木の羽目板が美しい王の図書室。ここにある「エンライトメント (啓蒙の部屋)」には手の込んだ工芸品が展示されています。また有名なヴァイキングのルイス チェスマン (ルイス島のチェスの駒) も見てみましょう。さまざまな展示室にアフリカの分銅やローマの硬貨などが展示されており、実際に手に取って見ることができます。またボランティアが質問に答えてくれます。このような手に取ることのできる展示方式は、実際に歴史に触れて感じることのできる素晴らしい方法と言えるでしょう。

    3

    グレート コート

    グレート コートの優雅なアーチ屋根。同じ形の 2 組のガラスがはめ込まれた窓枠が印象的です。足を休めたり、コーヒーを飲んだり、あるいはただ広々とした空間を楽しみましょう。コート レストランでは、閲覧室の上階の雰囲気のよい場所で食事を楽しめます。

    4

    遠い世界を空想する

    ヨーロッパから飛び出して極東の文化の世界に浸りましょう。中国の玉、精巧な陶器、日本の武士の甲冑、華麗な版画などが展示されています。リビング アンド ダイイング (生と死) の展示室では、宗教儀式に関する詳細な調査の成果が展示されており、オーストラリアやニュージーランド、そしてポリネシアに焦点が当てられています。

    旅行の計画をスタート !

    Maps