ロンドンのアフタヌーンティーは 19 世紀から続く伝統。今日では街のあちこちに午後のお茶と軽食を楽しめる場所があります。この伝統は 1840 年にベッドフォード公爵夫人が夕食の数時間前に軽食とお茶を楽しむようになったのが始まりとされ、今日ではイギリス文化の一部として知られています。ペストリーなどの軽食だけでなく、シャンパンやアルコールが強いカクテルが供されることもよくあります。

    ロンドン各地のベーカリー、カフェ、ショップでは、一口サイズのサンドイッチやマカロンまで、伝統的なメニューに独自の工夫を凝らしています。イギリスの首都を巡って、最高のアフタヌーンティーを楽しみましょう。

    1

    ザ ギャラリー アット スケッチ

    エレガントで伝統的なティータイムを満喫する

    ザ ギャラリー アット スケッチは、座り心地のよいビロードの椅子やテーブル、室内を彩る芸術品が高級感を演出している素敵なレストランで、エレガントなアフタヌーンティーを満喫できます。ここのメニューは典型的かつ伝統的なものですが、これに少しひねりが加わっています。ブリオッシュに挟んだキュウリとコロネーションチキンのサンドイッチ、黒トリュフとクリームチーズ、ストロベリー ボッテンベルク、パイナップル エクレアなどを楽しみましょう。店内にある芸術品は有名な巨匠のインカ ショニバレが手がけたもの。そしてレストラン全体の装飾は、繊細な銅のアクセントが生かされて実に印象的です。

    過ぎ去った時代を彷彿とさせる素晴らしい空間。豪華なティータイムを楽しむのにぴったりの場所です。市の中心部から北へわずか 7 分ほどのところにあります。

    所在地 : 9 Conduit St, London W1S 2XG, United Kingdom

    営業時間 : 日 ~ 木 : 9:00 ~ 24:00、金土 : 9:00 ~ 翌 2:00

    電話番号 : +44 20 7659 4500

    地図
    2

    ブラウンズホテルのドローイングルーム

    伝統的なティータイムを現代風に改革した世界を味わう

    ブラウンズホテルのドローイングルームでは、アフタヌーンティーの伝統を改革。昔ながらのレシピを現代風にアレンジしたものを、クラシックな雰囲気の専用ティールームで味わうことができます。心地よいアームチェアでリラックスしながら、モエ エ シャンドンの上質のシャンパンを楽しみ、繊細な花柄の磁器に盛りつけられた軽食や小皿料理を味わいましょう。このレストランのお茶のメニューは膨大で、店ではそれを図書館と呼んでいるほどです。スタッフは食べ物とお茶のおすすめの組み合わせについて、しっかりと勉強しています。

    食べ物のメニューには、スモークサーモンやフェンネルのピクルスから、自然乾燥させた黒のクームハム、スコーンやマカロンまで、あらゆるものがそろっています。場所は市内の中心部から北へわずか 6 分ほどのところです。

    所在地 : Ground Floor, 33 Albemarle St, London W1S 4BP, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 金 : 12:00 - 16:30、土日 : 12:30 - 16:30

    電話番号 : +44 20 7493 6020

    地図
    3

    ファーマシー

    持続可能なベジタリアンのメニューを楽しむ

    ファーマシーでは持続可能な方式にこだわり、責任感を持ちながら、エレガントなアフタヌーンティーを提供。使用する食材は持続可能な方法で有機栽培された地元産のもの。素敵な店内でいただくことができます。この店のメニューは常に変化しています。モダンでエレガント、明るく広々とした店内で、季節の料理を楽しみましょう。また、完全なベジタリアン向けであり、メニューは野菜をベースとし、精製されていない砂糖や乳製品を使用し、化学物質や添加物は使用していません。すべての食材は所有する農場または地元で持続可能な方法で栽培されたものを調達しています。

    ここのメニューは幅広くバラエティに富んでおり、お茶やカクテルも逸品ぞろいです。スタッフはフレンドリーで知識が豊富。いつも気持ちよくおすすめを教えてくれます。場所は市の中心部から西へ 20 分ほどのところにあります。

    所在地 : 74-76 Westbourne Grove, London W2 5SH, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 金 : 12:00 - 22:00、土日 : 11:00 - 16:00 および 17:00 - 22:00

    電話番号 : +44 20 7221 0705

    地図
    4

    オブリックス アット ザ シャード

    ロンドンのスカイラインのパノラマビューを楽しむ

    オブリックス アット ザ シャードはビルの 32 階にあり、ロンドンのスカイラインの素晴らしい景色と一緒にアフタヌーンティーを楽しむことができます。ここでは派手派手しい装飾や儀式は行われず、ベルや笛が鳴ることもありません。ただただ目の前に広がる大都市の風景に見とれましょう。ここで楽しめるのは、まずはクロテッドクリームとジャム、そして蜂蜜を添えたクランベリースコーン。マンゴーとコリアンダー、ハムとチーズを使ったコロネーション チキン サンドイッチもおすすめです。チーズは地元産です。

    紅茶は中国、ニュージーランド、カリブ海などから取り寄せたものもあり、贅沢な気分に浸ることができます。このレストランにはビジネスカジュアルのドレスコードがあります。場所は市内中心部です。

    所在地 : The Shard, 31 St Thomas St, London SE1 9RY, United Kingdom

    営業時間 : 毎日 : 18:00 - 23:00

    電話番号 : +44 20 7268 6700

    地図
    5

    ライアネス アット シー コンテナーズ

    伝説のカクテルと甘いお菓子を楽しむ

    ライアネス アット シー コンテナーズで、伝説と言われるカクテルを味わってみましょう。豪華な椅子やテーブルが並んだエレガントな雰囲気の中で、伝統ある高級料理のメニューも楽しめます。この店の飲み物は、有名なバーテンダーのライアン チェティヤワルダナの手によるもの。辛口でおいしく、またハニーアップルを控えめに加えたジンや、ローズとガランガルを加えたラムフィズなどのカクテルもあります。スコーンは伝統的なスタイルで、クロテッドクリームとブルーベリー レモンタイム ジャムを添えて出されます。その他、チョコレートエクレアとキャラメルバナナもおすすめです。

    この店のメニューにはすべて高級感と優雅さが感じられますが、価格はかなりリーズナブル。予算を気にせずに自分にご褒美を与えるのにぴったりな場所です。市の中心部から東にわずか 15 分ほどのところにあります。

    所在地 : 20 Upper Ground, London SE1 9PD, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 水 : 17:00 - 24:00、金 : 15:00 - 24:00、土 : 12:00 - 24:00、日 : 12:00 - 23:00 (定休日 : 火)

    電話番号 : +44 20 3747 1063

    地図
    6

    ザ ウォルズリーのアフタヌーンティー

    市の中心部で贅沢なティータイムを満喫する

    豪華で贅沢なザ ウォルズリーのアフタヌーンティー。エレガントでクラシックな雰囲気の中で、たっぷりと用意された食べ物や飲み物を前に、昼間を有意義に過ごしましょう。店内はクラシックな黒とクリーム色のタイル、アーチ状の柱、巨大なシャンデリアで飾られており、豪華で貴族的な雰囲気があふれた 19 世紀の本格的な応接室にいるような気分になります。ベルベットのカーテンを通り抜けると、素敵に着飾った人々に、スーツを完璧に着こなしたスタッフが銀のポットからお茶をサービスしているのが目に入ります。

    ベジタリアンのオプションもあるフィンガーサンドイッチ、スコーンのほか、エクレアやチーズケーキなどのお菓子を楽しみましょう。このアフタヌーンティーは忘れられないものになるでしょう。この店は市内の中心部にあります。

    所在地 : 160 Piccadilly, St. James's, London W1J 9EB, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 金 : 7:00 - 23:00、土 : 8:00 - 23:00、日 : 8:00 - 22:00

    電話番号 : +44 20 7499 6996

    地図

    写真提供 Jhsteel (CC BY-SA 3.0) 修正済

    7

    ザ ルーベンス アット ザ パレス

    宮殿の隣で王族の気分でアフタヌーンティーを楽しむ

    ザ ルーベンス アット ザ パレスでは、豪華で優雅なバッキンガム宮殿を眺めながら、おかわり自由のシャンパンや紅茶とともに、王様気分で豪華な食事を楽しむことができます。絵に描いたように美しい紅茶だけでなく、ウィンザー家の最高のメニューに触発され、影響を受けた美味しいペストリーもあります。おすすめのメニューの 1 つは、アールグレイと柚子のチョコレートムース。アールグレイとチョコレートの両方を愛する女王陛下に敬意を表したムースです。

    この店のアフタヌーンティーはとても人気があるので、予約することを強くお勧めします。またドレスアップして行くのも楽しみの 1 つです。店の場所は市の中心部です。

    所在地 : 39 Buckingham Palace Rd, London SW1W 0PS, United Kingdom

    電話番号 : +44 20 7834 6600

    地図
    8

    フォートナム & メイソンのダイヤモンド ジュビリー ティー サロン

    本当に歴史のある伝統的なティータイムを体験する

    フォートナム & メイソンのダイアモンド ジュビリー ティー サロン。ピカデリーのすぐ近くで最高のケーキとお茶を楽しみながら、街の喧騒から逃れて静かに過ごせる場所です。店内の装飾や食器にはすべて落ち着いた淡い緑色が使われており、クラシックな雰囲気が味わえます。2012 年に現在の店舗がオープンした日にはエリザベス女王がご訪問。この場所では 100 年近くにわたってアフタヌーンティーをメニューに載せてきました。ここで驚くのは、45 種類にもおよぶ紅茶が用意されていること。クラシックなソフトスコーンとクロテッドクリームに、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーのジャムを添えていただきましょう。

    さらに、下の階にあるショップでは持ち帰り用の商品を買うこともできます。店舗の場所は市内の中心部です。

    所在地 : 4th Floor, Fortnum & Mason, 181 Piccadilly, St. James's, London W1A 1ER, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 土 : 11:30 - 19:00、日 : 11:30 - 19:30

    電話番号 : +44-20-7734-8040

    地図
    9

    ハロッズティールーム

    100 年以上続くティータイムの伝統を体験する

    125 年以上にわたって素敵なアフタヌーンティーを提供しているハロッズティールーム。華やかな有名デパートの店内にあり、世界各地から取り寄せたメニューが揃っています。ここでは、伝統的なアールグレイやハワイ産の紅茶、中国産のミルクウーロン茶 (タイ式ミルクティー) など、あらゆる種類のお茶を楽しむことができます。ここの紅茶には、ライムとミントのジェルを添えたレモンタルトから、真ん丸で甘く贅沢なプラリネまで、素敵なスイーツのセレクションも付いています。この店のメニューの見た目は他店よりも控えめかもしれませんが、ロンドンの中心部にあるハロッズで味わうという魅力があります。

    この伝統に適うものはないでしょう。ここのアフタヌーンティーには 1896 年からの歴史があり、まさに由緒正しい午後の紅茶と言えます。

    所在地 : 87-135 Brompton Rd, London SW1X 7XL, United Kingdom

    営業時間 : 月 ~ 金 : 12:00 - 19:00、土 : 11:30 - 20:00、日 : 12:00 - 18:00

    電話番号 : +44 20 7730 1234

    地図
    10

    ブリジットベーカリー & アフタヌーンティー バスツアー

    ロンドンをツアーで巡る途中でアフタヌーンティーを楽しむ

    ブリジットベーカリー & アフタヌーンティー バスツアーは、ロンドンの街のバスツアーとティータイムを組み合わせるという新しい方法です。このツアーでは、クラシックなビンテージもののロンドンのルートマスター (2 階建てバス) に乗って街のあらゆる観光名所を回り、古代から続く街の歴史と文化について理解を深めます。訪れる先は、ビッグベン、国会議事堂、ハイドパーク、ウェストミンスター寺院、ロイヤル アルバート ホール、ダウニングストリート、マーブルアーチ、セントジェームズ パーク、ネルソン記念柱などです。

    ツアーの所要時間は約 90 分。伝統的なアフタヌーンティーのメニューを味わえます。パストラミとガーキン (小キュウリ) のバーガー、フィンガーサンドイッチ、自家製クッキーとタルトなどがたくさん。さまざまな種類の紅茶も用意されています。

    所在地 : 6-7 Chandos Pl, London WC2N 4HU, United Kingdom

    営業時間 : 毎日 : 11:00 - 19:00

    電話番号 : +44 20 3026 1188

    地図

    旅行の計画をスタート !

    ページトップに戻る

    Maps