スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。

熊本 のホテル

45軒のホテル検索

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

熊本の旅行コース

熊本 旅行についてよくある質問

  • 熊本を旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    熊本は温泉が有名な地域です。温泉が目的の旅行なら冬を、景色が目的なら春または秋をおすすめします。季節によって行われる祭りが異なっておりますので、旅行するシーズンの祭りに参加することもおすすめです。

  • 熊本の魅力的なところは?

    日本三名城のひとつ 「熊本城」なしでは熊本は語れません。1600 年代初頭、肥後熊本藩初代藩主であった加藤清正が、当時の最先端技術と労力を投じて築城した名城です。明治初期の西南戦争で本丸の建築群が焼失しましたが、1960 年代に天守が復元され現在の姿となっています。「熊本城跡」は国の特別史跡に指定されています。城と並んで熊本の名所といわれる「水前寺成趣園 (水前寺公園)」は、肥後細川家の「水前寺御茶屋」を中心につくられた大名庭園。清らかな泉がこんこんと湧き出す池を中心に、東海道五十三次を模した園路が通じる美しい桃山式回遊庭園です。また、肥後象嵌 (ひごぞうがん) などの伝統工芸品が展示されている「熊本県伝統工芸館」や、加藤清正を祀る「本妙寺」も、是非訪ねたい観光スポットです。熊本駅のすぐ北側にある「花岡山」は熊本城建築の際に石を切り出した山と伝えられており、頂上にのぼると市街の向こうに阿蘇山が見え、夜は美しい夜景が望めます。日本三名城のひとつ 「熊本城」なしでは熊本は語れません。1600 年代初頭、肥後熊本藩初代藩主であった加藤清正が、当時の最先端技術と労力を投じて築城した名城です。明治初期の西南戦争で本丸の建築群が焼失しましたが、1960 年代に天守が復元され現在の姿となっています。「熊本城跡」は国の特別史跡に指定されています。城と並んで熊本の名所といわれる「水前寺成趣園 (水前寺公園)」は、肥後細川家の「水前寺御茶屋」を中心につくられた大名庭園。清らかな泉がこんこんと湧き出す池を中心に、東海道五十三次を模した園路が通じる美しい桃山式回遊庭園です。また、肥後象嵌 (ひごぞうがん) などの伝統工芸品が展示されている「熊本県伝統工芸館」や、加藤清正を祀る「本妙寺」も、是非訪ねたい観光スポットです。熊本駅のすぐ北側にある「花岡山」は熊本城建築の際に石を切り出した山と伝えられており、頂上にのぼると市街の向こうに阿蘇山が見え、夜は美しい夜景が望めます。

  • 熊本に行く方法(アクセス)

    阿蘇 くまもと空港から熊本市内までは、空港リムジンバスで 1 時間程度かかります。福岡空港からは福岡―熊本間をつなぐ高速バス「ひのくに号」(所要時間約 2 時間半) が利用できるほか、博多方面から JR 鹿児島本線や九州新幹線を利用することもできます。

熊本について

熊本県の県庁所在地である熊本市。現在の市街は、細川氏熊本藩54万石の城下町を基礎に発展しました。熊本城天守閣から見て、南東から東に市街中心部が広がっています。2011 年、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、熊本駅に新幹線駅が併設され、アクセスがさらに便利になりました。

熊本 おすすめの宿泊

多くのお客様から選ばられた 旅亭 松屋本館 Suizenji は、7件が予約された人気が高いホテルです。

その他のホテルおすすめ

  • きれいホテルをお探しのお客様へ - 旅亭 松屋本館 Suizenji
  • サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - 旅亭 松屋本館 Suizenji
  • 便利なホテルをお探しのお客様へ - ホテルサンルート熊本
  • コンディションがいいホテルをお探しのお客様へ - 染物と宿の中島屋

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

熊本の特別割引ホテル

熊本の直前割引ホテル

熊本の観光地

  • 熊本城

    熊本城は、銀杏城の愛称で呼ばれています。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年の再建されました。宇土櫓などの現存する櫓・城門・塀13棟は国の重要文化財に指定されている。また、城跡は「熊本城跡」として国の特別史跡に指定されています。2016年4月の熊本地震の際に、現存石垣をはじめ宇土櫓などの文化財建造物、大小天守などの復元・復興建築が被災しました。

  • 水前寺成趣園

    水前寺成趣園は桃山式の回遊庭園です。寛永9年(1632年)、肥後細川初代藩主・細川忠利公が御茶屋を置いたところで、その後、三代目藩主網利公のときに庭園が完成し、中国・東晋時代の詩人陶淵明の詩「帰去来の辞」に因み、成趣園と名づけられました。東海道五十三次を模したといわれる庭園には、湖に見立てた池が配され、ゆるやかな起伏の築山とともに、庭園美を楽しめます。