ベネチア(ベニス)のホテル | イタリア

ホテル検索

会員限定のお得なシークレットプライスで予約

会員登録は無料です。

本日のお得情報

最低価格¥15,073¥9,044
633の ベネチア お得情報を全て見る

事前払いまたは現地払いのオプション有

ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料

最低価格保証

ベネチア(ベニス)のホテルを探す

ベネチア



概要

イタリア北東部の人気観光地、ベネチア。「水の都」とも呼ばれる世界的に名高い風光明媚な都市です。イタリア半島のちょうど根本部分に位置しており、アドリア海に面しています。中世にはベネチア共和国の首都として繁栄を極め、「アドリア海の女王」との別名も持っています。ベネチア湾にできた「ラグーナ」と呼ばれる潟の上に築かれた海上都市で、1987年には世界遺産に登録されました。市内には無数の運河がめぐり、自動車も自転車も通行禁止。ヴァポレットという水上バスが主要な交通手段となっています。

観光名所

ベネチアの中心地、サン マルコ広場は世界中に知られる観光名所。水上から到着するときの玄関口でもあります。ビザンチン様式の影響が特徴的なサン マルコ大聖堂、共和国の総督邸兼政庁だったドゥカーレ宮殿、ベネチア最盛期の歴史を学べるコッレール博物館、新政庁、時計塔に囲まれ、海に開けた風光明媚な広場です。また、サンタ ルチア駅からサン マルコ広場のちょうど中間点にあるのが白く輝くリアルト橋。周辺は宝石店や土産物の店舗が建ち並ぶショッピング街となっています。このほか、カ ドーロやカ ペーザロ、カ レッツォーニコなどの美しいベネチア宮殿も一見の価値があります。美術館や博物館も併設されているので、芸術を堪能したい方には特におすすめです。

ベネチアでの宿泊先

ベネチアには、バルザックやワグナーといった歴史的著名人が宿泊したという超老舗の豪華なホテル ダニエリや、16 世紀ベネチア共和国時代の総督の邸宅を改装した高級ホテル ザ グリッティ パレス、リアルト橋のたもとにある 4 つ星のホテル リアルトなど、そうそうたるホテルが多数あります。一方で、パラツィーナ G や、チャーミング ハウス DD724 など、名高い建築家が手がけたモダンなデザイン ホテルに宿泊することも可能。ホテルズドットコムでは、その他さまざまなニーズに合わせて、ベネチアの素敵なホテルを検索できます。

おすすめ宿泊エリア

水上に浮かぶベネチアは土地が限られるうえ、年間を通して世界中から観光客が集まるため、イタリアでも最もホテル代が高いと言われています。ベネチア本島にあるホテルは移動、観光に大変便利で、中でもサン マルコ広場周辺は高級ホテルが建ち並びます。お手ごろ価格のホテルを探すなら、中心地からややはずれたサンタ ルチア駅またはリアルト橋周辺へ。いずれも水上バスをすぐに利用できる立地なので、アクセスの心配もありません。このほか、国際映画祭の会場として有名なリド島はリゾート滞在の人気エリア。水上バスで本島まで 15 分ほどかかりますが、中心街よりお得に宿泊ができる傾向にあります。

アクセス方法

国際空港ベネチア テッセラ空港 (VCE、別名マルコ ポーロ国際空港) へは、モスクワ、フランクフルトやパリ、アムステルダム、イスタンブール経由で到着します。空港からは陸上バス (青色の特急直通 ATVO とオレンジ色 ACTV) や水上バスでアクセスできるほか、割高ですがタクシーも走っています。空路でローマやミラノに入り、鉄道でベネチア サンタ ルチア駅に到着することも可能です。
市内の移動には、「ヴァポレット」と呼ばれる水上バスを使うことが多いでしょう。大きな発着場で電子式のチケットを購入してください。観光に便利なのは、大運河に沿って主要な名所の近くに停まる1 番です。観光用のゴンドラに乗るのも良い思い出になりますが、時間ごとの利用料金は高額。一方、「トラゲット」という渡し舟のゴンドラでは、橋が架かっていない場所で運河の反対側まで乗るだけの移動ですが、数ユーロの格安料金でゴンドラ体験を楽しむことができます。

気候

夏の最高気温は 28 ℃程度、冬の最低気温は 0 ℃を下回ります。夏でも朝晩は長袖が必要で、冬はしっかり防寒対策を。また、イタリアの他都市と比べ、年間を通して降水量も高めです。低気圧の影響で発生する「アックア アルタ (高潮)」は、広場や舗道だけでなく、時に建物の中まで浸水被害をもたらします。特に 10 月から 3 月は発生頻度が高いのでご注意ください。

ベネチアの旅行ガイド