スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。

パリ, エッフェル塔 周辺のホテル

331軒のホテル検索

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

エッフェル塔の旅行コース

エッフェル塔 についてよくある質問

  • エッフェル塔へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    営業時間:夏季 エレベーター9:00~0:45(最上階行き最終23:00)、階段9:00~0:45(最終アクセス0:00)。冬季 エレベーター9:30~23:45(最上階行き最終22:30)、階段9:30~18:30(最終アクセス18:00)

  • エッフェル塔の魅力的なところは?

    パリの象徴とも言えるエッフェル塔 。ノートルダム大聖堂とともにパリでもっとも有名でもっとも多くの観光客が訪れるエッフェル塔は、建築家のソーヴェストルと技師のギヨーム・エッフェルが、1889年にパリ万博のために設計しました。建設当初こそ賛否両論、物議をかもしましたが、やがて誕生したばかりの近代という時代のもっとも美しい創作のひとつとして認められ、受け入れられました。高さ324m、18,038個の金属部品と2,500,000個のリヴェットからなり、鉄の貴婦人と呼ばれるエッフェル塔は、第三展望台からは、シャン・ド・マルスやシャイヨー宮、人類博物館をはじめ、サクレクール寺院やシャンゼリゼ通り、凱旋門などを眺めることができます。さらに勇気のある人は、1,665段の階段を上って、第二展望台からの眺めを楽しむこともできます。7年ごとに、新しいペンキ会社が若返りの塗装を行うことで、毎日訪れる何千人もの訪問者を魅了し続けています。摩天楼の中から誇りやかにそびえ立ち、夜間はライトアップでいっそう見応えがありますが、この塔一番の魅力は、展望階からの息をのむ眺望です。夜はこの上ないロマンチックな景色を楽しめます。

  • エッフェル塔に行く方法(アクセス)

    エッフェル塔へは、RER C号線シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅下車、もしくは地下鉄 パリ・メトロ 6号線 ビル・ハイム駅、8号線 エコール・ミリテール駅に下車すると便利です。

エッフェル塔について

パリの象徴とも言えるエッフェル塔 。ノートルダム大聖堂とともにパリでもっとも有名でもっとも多くの観光客が訪れるエッフェル塔は、建築家のソーヴェストルと技師のギヨーム・エッフェルが、1889年にパリ万博のために設計しました。建設当初こそ賛否両論、物議をかもしましたが、やがて誕生したばかりの近代という時代のもっとも美しい創作のひとつとして認められ、受け入れられました。高さ324m、18,038個の金属部品と2,500,000個のリヴェットからなり、鉄の貴婦人と呼ばれるエッフェル塔は、第三展望台からは、シャン・ド・マルスやシャイヨー宮、人類博物館をはじめ、サクレクール寺院やシャンゼリゼ通り、凱旋門などを眺めることができます。

エッフェル塔 おすすめの宿泊

その他のホテルおすすめ

  • きれいなホテルをお探しのお客様へ - Apartment Locaflat Espace Greuze
  • サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - Apartment Locaflat Espace Greuze
  • 便利なホテルをお探しのお客様へ - Apartment Locaflat Espace Greuze
  • コンディションがいいホテルをお探しのお客様へ - Apartment Locaflat Espace Greuze

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

エッフェル塔 の特別割引ホテル

エッフェル塔 の直前割引ホテル

エッフェル塔周辺の観光地

  • シャンゼリゼ

    フランスだけではなく、世界で一番美しいとも言われるシャンゼリゼ通り。「オー・シャンゼリゼ」という流行歌で日本でも広く知られるようになりました。歌の中でも唄われたように、シャンゼリゼ大通りはファッション、食、エンターテイメントすべての目的を叶えることができるパリで1番人が集まる場所です。東はコンコルド広場を出発し両脇に緑が溢れる並木道から、西は凱旋門へ向けてカフェ、映画館、アーケードが並ぶ華やかな歓楽街へと表情を変えています。周辺も華やかな通りが続き、ジョルジュ・サンクとモンテーニュ通りを結ぶエリアは一流ブティックやシックなレストラン、高級ホテルが集中する黄金の三角地帯。パリ市内北西部の第8区を横切る約3km、幅70mの大通りで、マロニエ(マロンの木)の並木が印象的です。

  • 7 区

    パリの7区は、市のほぼ中央にある行政区で、パリの主な観光地や行政府が集中しているところです。 市の中央部から時計回りに螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその7番目にあたることから、「7区」と名づけられました。フランスの政治・行政の中心となる機関が集中しており、国民議会 (フランス下院)、外務省、国防省などがあるほか、国際機関としては、ユネスコ(UNESCO)の本部があります。 また、エッフェル塔、アンヴァリッド(廃兵院)、オルセー美術館など、世界的に有名な施設が多く存在しています。

パリのトラベルガイド

パリのトラベルガイド