スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。

パリ, ルーブル美術館 周辺のホテル

158軒のホテル検索

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

ルーブル美術館の旅行コース

ルーブル美術館 についてよくある質問

  • ルーブル美術館へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    開館時間:月・木・土・日9:00~18:00、水・金9:00~21:45(夜間開館)。休館日:毎週火曜日、1/1、5/1、12/25。10月~3月:毎月第1日曜日は常設展を無料で開放。

  • ルーブル美術館の魅力的なところは?

    数々の有名作品がある中で一番有名なのは、ダ・ヴィンチの「モナリザ」。実はフランスやイタリアでは「ジョコンダ La Joconde」と呼ばれています。この作品の前は常に人だかりができています。サモトラケのニケ、ミロのヴィーナスなどの彫刻も有名で、数多くの観光客が写真を撮る人気の作品です。数多くの宗教画やエジプトの古代美術なども多く展示されています。また、フェルメール、レンブラントなどオランダ美術も豊富に展示しています。さらに展示物ではありませんが、中庭のガラスのピラミッドが有名です。フランスに行ったなら、ここでの記念撮影は必須です。このピラミッドは新たな入口として設けられたのですが、しばしば行列が中庭に伸びています。地下のショッピングモール、カルーセル・ド・ルーブルもでき、ガラスのピラミッドの真下に逆さピラミッドがあるのも見ものです。北フランスのランス(Lens)にルーブル美術館分館も建てられ、ますます多くの人々を受け入れる美術館となっています。

  • ルーブル美術館に行く方法(アクセス)

    ルーブル美術館の最寄駅は、メトロ 1・7番線のPalais-Royal駅もしくは Musée du Louvre駅となります。

ルーブル美術館について

パリの中心部にあった中世期の要塞は、16世紀、国王フランソワ1世によりルネサンス様式の宮殿に造り替えられます。その宮殿が1793年に美術館として一般に公開され、古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術、中世から19世紀までの世界各地、約5000年にわたるさまざまな時代の絵画や彫刻、工芸品を35,000点近く展示しています。一年を通じて企画展も頻繁に開催されており、オーディトリウムでは興味深いイベントを実施しています。モナリザをはじめ、中世、近世美術の宝庫です。収蔵品380,000点以上。ルーヴル美術館では、ビジターのタイプに合わせたさまざまな見学コースがあります。マルチメディアのオーディオガイドは大人向け、子供向けにそれぞれ用意されていて、グループ見学の方は、フランス国立美術館の解説員がコレクションを紹介する解説付見学コースも利用できます。イスラム美術部門には、スペインから東南アジアまで、3つの大陸に由来する作品が2000点近く展示されています。

ルーブル美術館 おすすめの宿泊

その他のホテルおすすめ

  • きれいなホテルをお探しのお客様へ - ルーヴル エレガント シックスイーツ
  • サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - ユーロピア - オペラ ブルス レジデンス
  • 便利なホテルをお探しのお客様へ - プライベート アパートメント - パレ ロイヤル
  • コンディションがいいホテルをお探しのお客様へ - ラ クレフ ルーヴル パリ

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

ルーブル美術館 の特別割引ホテル

ルーブル美術館 の直前割引ホテル

ルーブル美術館周辺の観光地

  • ノートルダム寺院

    パリの中心部、シテ島に聳える壮大なノートル・ダム大聖堂は、パリに数多くある歴史遺産の中でも特に貴重なものとして、毎日多くの観光客を集めています。聖堂は1163年に着工し、約200年後の1345年に完成しました。 高く聳える双塔、空に突き刺すように延びる尖塔、すらりとした曲線を描くフライング・バットレス、バラ窓など見事なステンドグラスは初期ゴシック建築の傑作と言われています。文豪ヴィクトル・ユゴーがノートル・ダム大聖堂を舞台に描いた作品でも有名です。一時はひどく破壊された聖堂ですが、20世紀に入ってからも修復作業が続けられ、今日ではフランスにおける最も貴重なゴシック建築のひとつとなっています。聖堂見学の際には考古学的な意味でも重要な意味をもつ地下の礼拝堂クリプト、また聖堂正面の石畳にはめられた「ゼロ・ポイント」を示す丸いプレート(ノートル・ダム聖堂を0㎞地点としてパリから各地への距離を表す起点)も忘れずにご覧ください。

  • パリ シティ センター

    フォーブル・サントノレ通りとサントノレ通りは、高級ブランドが立ち並ぶパリ随一のゴージャスな通りとして知られています。パリに拠点を持つブランドのほとんどの店舗がここに集まっています。また最近は外資系のホテルもオープンし、華やかさを加え、モダンでスタイリッシュな雰囲気が漂っています。モードだけでなく、パリのほぼ中心部を東から西へ延びるこちらの通りには、国の要、大統領官邸(エリゼ宮)や内務省もあります。途中、シャンゼリゼ大通りと平行して歩いたり、パリで最も有名な広場、コンコルド広場やヴァンドーム広場を横目にみたり、雰囲気の違いを感じながら歩くのも楽しい通りです。

パリのトラベルガイド

パリのトラベルガイド