ニジニ ノヴゴロド ホテル及び宿泊施設

65軒 ニジニ ノヴゴロド のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

ニジニ ノヴゴロドの旅行コース

ニジニ ノヴゴロドについて

かつて商都および工業都市として栄えたニジニ ノヴゴロドは、景観の美しさとさまざまな文化スポットで有名です。ヴォルガ川とオカ川の河畔にあることから、ニジニ ノヴゴロドの観光は、クルーズや川下りが中心になります。現代建築と帝政時代の豪壮な木造建築が混在する独特の景観を呈したニジニ ノヴゴロド。最も目を引く特徴は、丘の上に建つ勇壮な要塞、クレムリンです。ここには、美術館や大聖堂、市庁舎があります。

ニジニ ノヴゴロドのホテル

ニジニ ノヴゴロドのホテルは高級か格安かのいずれかで、中程度のホテルは多くありません。ほとんどのホテルで、WiFi を無料で使えます。高級ホテルの多くがクレムリン近くのエリアに集まっています。これらのホテルには、スパ、レストラン、プールなどが併設されています。なかにはウイスキーバーやナイトクラブのあるホテルもあります。低価格のホテルは、ラウンジやキッチン、ランドリールームなど共用設備の充実に力を入れています。格安ホテルでは、ベッドは 2 段ベッドで、バスルームが共用の場合もあります。また、簡易レストランがあったり、無料で朝食を提供してくれたりする場合もあります。

ニジニ ノヴゴロドでの滞在先

ニジェゴロツキ―地区には、壮麗な教会や美しいロジェストヴェンスカヤ通りなど、歴史的な見所が集中しています。クレムリンや美術館などの人気スポットにも近いうえ、美しい建物も多く、人気の地区です。隣のソビエツキー地区は、ニジェゴロツキ―地区と共に市の中心部を形成し、この 2 つの地区にほとんどのホテルが集中しています。カナヴィンスキー地区の川を渡ってすぐのソビエツキー地区にも良い宿泊施設があります。歴史的な見所は多くありませんが、起伏が少なく、主要鉄道駅へのアクセスも良いところです。

ニジニ ノヴゴロドの見どころ

丘の頂上にそびえるクレムリンは、市の中心部にあります。赤レンガ造りの 塔が 13 本あり、城壁の長さはおよそ 2.5 km です。17 世紀に建てられた、クレムリン内の大聖堂の尖塔は、ニジニ ノヴゴロドで最も高い位置にあります。同じくクレムリン内にあるニジニ ノヴゴロド美術館は主にロシア美術を展示していますが、少し離れた別館では、ヨーロッパ美術の展示も行っています。ソビエト時代、ニジニ ノヴゴロドは、文豪マクシム ゴーリキーにちなんで、ゴーリキーという名に変えられました。今なお、記念碑やマクシム ゴーリキー博物館で、彼の文才を讃えています。人権活動家のアンドレイ サハロフもニジニ ノヴゴロド出身の著名人です。小さなアパートにある博物館でその功績に触れることができます。ニジニ ヴゴロドの特徴的な建物に興味があるなら、ルカビシュニコフ邸宅美術館を訪ねたり、木造建築の屋外美術館とも言える郊外に足を延ばすのもいいでしょう。

ニジニ ノヴゴロドへの行き方

ニジニ ノヴゴロドへは、ストリギノ国際空港から入るのが最も一般的です。市の中心からおよそ 25 km の距離にあり、そこからバスかタクシーで移動します。サンクトペテルブルクやモスクワなどの大都市まで鉄道で行くことができます。モスクワへは特急でおよそ 3 ~ 4 時間です。市内は、バスやトラム、地下鉄でほぼ移動できます。主な観光スポットの多くは徒歩で行ける距離に点在していますが、歴史的な見所があるエリアの地形は勾配がきつい場合もあります。ちょっと変わった移動手段としては、ヴォルガ川を渡るケーブルカーがあります。