那覇, 那覇市立壺屋焼物博物館 周辺のホテル

那覇, 那覇市立壺屋焼物博物館 周辺の 139軒のホテル検索

那覇への訪問予定日は ?

Hotels.com™ Rewards

10 泊ためて、1 泊分の宿泊特典を獲得

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

那覇市立壺屋焼物博物館の旅行コース

那覇市立壺屋焼物博物館 についてよくある質問

  • 那覇市立壺屋焼物博物館へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    開館時間:10 時~18 時(最終入館は17時30分まで)。休館日:月曜日、年末年始(12月28日から1月4日)。

  • 那覇市立壺屋焼物博物館の魅力的なところは?

    壺屋焼物博物館のある地域一帯はやちむん通りは、焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。ここには、窯元や店舗が連なります。最近では伝統的なものに加え、現代的なアレンジを加えたかわいらしい今の生活シーンに合うような新しいデザインのやちむんも続々誕生。やちむん通りにある店舗でもそのような焼き物を多く扱うようになり、若い女性客も増えてきました。 博物館でやちむんについて学んだあと、周辺をのんびり散策しながら、やちむん巡りを楽しみましょう。壺屋は戦渦を免れた地域でもあり、壺屋のまちを守ってくれる神様を祀る拝所のビンジュルグヮー、県指定有形文化財で主に荒焼専用の登り窯として唯一現存する南ヌ窯(フェーヌカマ)、上焼(施釉)の登り窯である東ヌ窯(アガリヌカマ)、昔の陶工の住宅形式を残す新垣家など、戦前から残る風景に出合えるのも魅力。壺屋やちむん通りには、若い女性を中心に大人気の“かわいい”が集まるお店がいくつかあります。また散策して歩き疲れたら、器の温もりを感じながら、やむちんカフェで一休み。美味しいスイーツと可愛らしい器、そしてゆっくりと流れる時間にリラックスできます。

  • 那覇市立壺屋焼物博物館に行く方法(アクセス)

    路線バスや沖縄ゆいレールをご活用ください。 沖縄ゆいレールを利用の場合「牧志駅」で下車し、徒歩10分。那覇空港から車(一般道)で20分。沖縄自動車道 : 那覇ICから車(一般道)で20分。路線バス : 壺屋バス停から徒歩で5分。停車バス:17番石嶺開南線、30番泡瀬東線、31番泡瀬西線、55番牧港線、112番国体道路線。

那覇市立壺屋焼物博物館について

沖縄のやちむん(沖縄の方言で焼物の意)の中心的窯場である壺屋は、現在は市街地になっていますが、戦前は閑静な農村風景の中にありました。戦災をあまり受けなかったため、伝統的な石垣に囲まれた昔ながらの路地と文化財が残されており、点在する陶器工房や販売店とともに情緒あふれる町並みを形作っています。その町並みの一角にある当館では、壺屋焼をはじめとする沖縄の焼物文化を、焼物やパネルなどでわかりやすく紹介しています。常設展示室1階では、壺屋焼の歴史、暮らしの中での使われ方を解説しています。常設展示室2階では、壺屋焼の特徴的な作品や、製作工程をご案内しています。常設展示室内の映像シアターでは、昔の壺屋の暮らしぶりの他、壺屋焼の技法や製作工程、伝統を受け継ぐ陶工の思いを、映像を通して知ることができます。また、人間国宝である金城次郎をはじめとした陶工たちが、技術を継承し発展させてきました。彼らが遺した名品も展示しています。

那覇市立壺屋焼物博物館 おすすめの宿泊

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

那覇市立壺屋焼物博物館の特別割引ホテル

那覇市立壺屋焼物博物館の直前割引ホテル

那覇市立壺屋焼物博物館周辺の観光地

  • 国際通り

    沖縄県庁の近くに位置する那覇市の国際通りは、太平洋戦争で廃墟となった那覇市の中でいち早く復興を遂げたため「奇跡の1マイル」と評された歴史を持っています。 全長約1.6kmにわたって土産品店やファッションショップ、レストランなどのお店が軒を連ね、ホテルも数多くあります。ネオンがまたたくにぎやかな場所で、様々なショップやレストランが夜遅くまで営業しています。

  • 牧志公設市場

    国際通りから歩いて数分の場所にある牧志公設市場は1日に6千人もの人が訪れる人気の市場。那覇市民の台所として新鮮な沖縄食材と地元の人の活気があふれる昔ながらの空間が広がっていて、地元の人の暮らしを垣間見ることができます。2階には食堂のほかにお土産店なども並び観光客には見逃せないスポットです。