Ona, 首里金城町石畳道 周辺のホテル

Ona, 首里金城町石畳道 周辺の 172軒のホテル検索

Onaへの訪問予定日は ?

Hotels.com™ Rewards

10 泊ためて、1 泊分の宿泊特典を獲得

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

首里金城町石畳道の旅行コース

首里金城町石畳道 についてよくある質問

  • 首里金城町石畳道へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    石畳の急な坂道で、雨の日は足元がすべりやすいので注意が必要です。晴れた日中に近くにある首里城と合わせて散策に行くことをお勧めします。

  • 首里金城町石畳道の魅力的なところは?

    NHKドラマ「ちゅらさん」に映る坂道…首里金城町石畳が撮影地となり、石畳の風情ある坂道と沿道の民家が主人公の自宅外観として使われました。休憩所前や文ちゃんがいつもタクシーを止めて昼寝をしている場所など 古き良き沖縄を体験できる写真映えするおすすめスポットです。「日本の道100選」にも選ばれているこの石畳は急でこそあれ、雰囲気がすごくいいです。途中には景観に良く似合う沖縄の古民家や集会所のようなところなど、沖縄の古き良き文化を歩いて感じることが出来る場所です。首里城からすぐ近くなので合わせて観光が可能です。 沖縄で城下町の風情を感じたい方はぜひ訪れてみてください。また、約30m下った所にある内金城嶽は昔からただごとない霊気が満ちていたという森で、かつては琉球王府の信仰対象でした。東西約50m、南北約15mの地域に大赤木6本、琉球榎1本の巨木が見事に繁茂し、苔むす石畳や赤瓦屋根の民家とともに、古都首里の城下町を思い起こさせます。広場を背に一番奥に生えている大アカギは、樹齢が300年、胸高周囲5.2m、樹高13m、枝ばり17mにも達し、1972年、国の天然記念物に指定されています。この大アカギには、神が降りて来て、願いを聞いてくれると言われています。地元老人会が立てた看板には、「旧暦6月15日に神が降りてきて願い事を聞いてくれるという言い伝えがあるので、年にひとつだけ願い事を話されてみて下さい」と書かれています。さらに、「この場所は考える力が授かる場所」でもあるそうです。沖縄にたくさんある聖域の中でも比較的アクセスが良く、観光客にも寛容なので、沖縄の信仰心に触れてみたいと思っている方にもお勧めの場所です。周辺には、世界遺産に登録された首里城跡や、玉陵、園比屋武御嶽石門、識名園、守礼門、弁財天堂、円覚寺跡など多くの文化財があり、観光のスポットが多く集まるところで、市民の散策コースとしても人気がある地域なのでおすすめです。

  • 首里金城町石畳道に行く方法(アクセス)

    「首里駅」より徒歩約15分、車で約8分。首里城公園より徒歩約7分、車で約4分。那覇バスターミナルからバスで25分。那覇空港から車で40分。泊港から車で15分。沖縄自動車道那覇ICから車で25分。路線バスは「首里城公園入口」バス停から徒歩で10分。

首里金城町石畳道について

首里金城町石畳道は沖縄県那覇市金城町にある 琉球石灰岩が敷かれた石畳の古道です。沖縄県指定文化財に登録されています。 16世紀に首里城から国場川の真玉橋に至る長さ4km総延長10kmの首里から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路であった真珠道(まだまみち)の一部で、琉球王国尚真王の治世である1522年にその建造が始まった。第二次世界大戦の沖縄戦で真珠道の大半は破壊されたが、金城町に現存する238mの区間が首里金城町石畳道としてその姿を現在に伝えている。周辺には赤瓦家が並び、琉球王国時代の歴史を感じながら、散策を楽しむことができます。

首里金城町石畳道 おすすめの宿泊

首里金城町石畳道周辺の観光地

  • 首里城

    城外には守礼門など2門あり、琉球石灰岩の切石を積み上げた城壁には歓会門や瑞泉門、白銀門などの城門が設けられました。内郭には百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれる正殿と、その前面左右に南殿、北殿が相対して建てられています。沖縄戦で焼失しましたが、一部が復元整備され、1992年「首里城公園」として開園しました。2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

  • 牧志公設市場

    国際通りから歩いて数分の場所にある牧志公設市場は1日に6千人もの人が訪れる人気の市場。那覇市民の台所として新鮮な沖縄食材と地元の人の活気があふれる昔ながらの空間が広がっていて、地元の人の暮らしを垣間見ることができます。2階には食堂のほかにお土産店なども並び観光客には見逃せないスポットです。