ラッサダー, ラッサダー埠頭 周辺のホテル

ラッサダー, ラッサダー埠頭 周辺の 105軒のホテル検索

シークレットプライスでもっとお得に予約

お得な シークレットプライスに簡単アクセス

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

ラッサダー埠頭の旅行コース

ラッサダー埠頭 についてよくある質問

  • ラッサダー埠頭へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    朝早くに到着してフェリーに乗れば、プーケット市街地に滞在しながら、日帰りでもピピ島を楽しめます。パトンエリアから車で約40分。

  • ラッサダー埠頭の魅力的なところは?

    プーケットに来たら1度は訪れてみたいピピ島。プーケットからピピ島へは、プーケットタウン西側にあるラサダ港から船が出港します。このエリアはローカル色が強く、地元の人たちの日常を垣間見ることができるエリアです。地元の人が利用する食堂がちらほらある程度で、いわゆる観光スポットのような場所はなく、早めに港についてもあまり時間を潰す場所は充実していませんが、港周辺ではローカルな人たちの暮らしを見ることができ、地元の人たちの漁船などもたくさん往来しており、日本では考えられないような古びた漁船で漁師をしている様子や、古い船を修理している光景なども見ることができます。プーケットの南東、約48kmに浮かぶピピ島は、エメラルドグリーンの美しい海が広がる、ピピ・ドン島を中心にした6つの島の総称です。プーケット発の日帰りツアーとしては最も人気が高く、抜群に綺麗な海と砂浜を満喫することができます。ピピ島に行ったら是非ダイビングに挑戦してみてください。ピピ島付近の透明度は高い時で約30メートルもあります。ジンベイザメやマンタに遭遇することもあるそうです。ピピ島のマヤベイが、ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となったこともあり、観光客が激増し、世界でも屈指の観光地になっています。ラサダ港では、軽食、お菓子、飲み物などが販売されている売店などもあります。近年韓国人観光客も増えてきていることから、韓国風海苔巻なども販売されています。ハンバーガーショップではハンバーガーの他、ホットドッグやポテトフライなども購入できます。ピピ島まで2時間近く時間がかかるので、食料調達をしておくことをおすすめします。

  • ラッサダー埠頭に行く方法(アクセス)

    プーケット空港から約90分。パトンビーチから車で40分ほど。タウン中心部から西側、シィレイ島方面に進み、5分。

ラッサダー埠頭について

ピピ島への定期船が出発する、プーケットタウンのラサダ港。プーケットタウン西側に位置します。ピピ島へ行く人は皆、この港へ訪れます。港の手前に広がるラサダの街並みは、プーケットのローカルをとても感じさせます。ラサダ港では、軽食、お菓子、飲み物などが販売されている売店などもあります。ラサダ港の海の水はあまりきれいとはいえません。そのため周辺エリアではいわゆるビーチ遊びには向いていません。また周辺エリアには地元の人が利用する食堂がちらほらある程度で、いわゆる観光スポットのような場所はなく、早めに港についてもあまり時間を潰す場所はありません。

ラッサダー埠頭 おすすめの宿泊

その他のホテルおすすめ

  • ラッサダー埠頭周辺で一番きれいなホテルをお探しのお客様へ - ゼン ルームズ タクア タン ロード
  • ラッサダー埠頭周辺で一番サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - イン プーケット ハウス
  • ラッサダー埠頭周辺で一番便利なホテルをお探しのお客様へ - PJ プーケット タウン ホテル

ラッサダー埠頭 の特別割引ホテル

ラッサダー埠頭 の直前割引ホテル

ラッサダー埠頭周辺の観光地

  • アフロディーテ キャバレー ショー

    プーケットで見られる、豪華なオカマショーといえばパトンビーチのサイモンショーが定番でしたが、2011年にプーケットタウン郊外に誕生した約900席の大型ニューハーフショー・シアターが、アフロディーテキャバレーショーです。元はビール醸造施設をもつブリュワリーだったところを改装し、このシアターが作られました。ショーは1日3回行われ、総勢約100名のニューハーフたちによる華麗なショーを楽しむことができます。黒やラガーなどの生ビールを味わうこともできます。ショーの上演時間は約1時間。事前予約が必要です。ショーの後にはパフォーマーたちとの記念撮影も可能です。

  • セントラル フェスティバル プーケット ショッピング センター

    セントラルフェスティバルはプーケット市民の御用達デパートであり、週末の家族おでかけスポットでもあり、人気の観光スポットでもあります。地下2階、地上4階の建物で、おおまかに言えばセントラルデパートと150以上のテナントが入るショッピングセンター、シネマコンプレックスいう構成になっています。外国ブランドや食材など、プーケット在住の外国人にとってもなくてはならないショッピングセンターです。