バンコク, パッポン ナイト マーケット 周辺のホテル

バンコク, パッポン ナイト マーケット 周辺の 107軒のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

パッポン ナイト マーケットの旅行コース

パッポン ナイト マーケット についてよくある質問

  • 1. パッポン ナイト マーケット はどんな所?

    バンコクのナイトライフを代表する、夜のショッピングに出かける「必見」コースとも言えるパッポン。当初は、ベトナム戦争の際に、アメリカ軍兵士が休暇(レスト・アンド・レクリエーション)を楽しむエリアだったそうです。建物が密集するシーロム地域にあり、パッポン通りに毎夜出現する屋台街を形成しており、いつも混雑しています。土産もの、衣料、アクセサリ、各種コピー商品などが販売されている怪しさに満ちています。
    交通が便利で、夜遅くまで営業していることから、よくバンコクに着いて最初に行く名所とも知られています。しかし、大勢の外国人観光客が押し寄せ、近くにゴーゴー バーがあることから、騒々しい所なので、夜のお出かけの際にはより注意が必要です。
    ここでのお買い物の際には、値引き交渉が必須!値引き交渉が難しいなら無理して買わず、マーケットの雰囲気を楽しむのも良いでしょう。また、毎日15時ころから始まる、屋台の組立作業を見るのもおススメです!
    隣接するタニヤ通りには日本人駐在員が多く利用する邦人向け高級クラブが立ち並び、ほとんどの店で日本語がある程度は通じます。

  • 2. パッポン ナイト マーケット のおススメのホテルは?

    バンコクにはデラックスなシティ ホテルとしてシェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリー コレクション ホテル バンコクソフィテル バンコク スクーンビット、ビジネスにもレジャーにも最適なジ ウェスティン グランデ スクンビット、バンコ、川沿いにそびえるリゾート ホテルのモンティエン リバーサイド ホテルなど有名なホテルが多くあります。近年では、サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコクなどおしゃれなブティック ホテルも増えています。ホテルズドットコムは、その他にもお客様のニーズに合ったバンコクのホテルを検索できます。
    サイアム スクエアからラーチャダムリ通り周辺は、リーズナブルな雑貨から最新の高級ブランド品までが揃うバンコク最大のショッピングエリア。周辺には有名観光スポットも点在しており、大都会バンコクを満喫するのに最適です。市内東部のスクンビット周辺は、閑静な高級住宅街で、高級ホテルからおしゃれなデザイナーズ ホテルが集まっています。各国料理のレストランやカジュアルなカフェ、ブティック、雑貨店もオープンし、流行の発信地となっています。また、バンコク リバーサイドでは、大都市の賑わいのさなかにありながら、ウォーターフロントでゆったりとしたリゾート スタイルの滞在を堪能できます。 パッポン ナイト マーケットの周辺だと、メリディアン バンコクザ サイアム ヘリテージ ブティック スイーツザ タワナ バンコクなどがおススメです。

  • 3.パッポン ナイト マーケット まではどうやって行きますか?

    バンコクの空の玄関口であるスワンナプーム国際空港 (BKK) までは、日本の主要空港から毎日直行便が運航しています。市内中心部から約 48 km の場所にあり、鉄道が乗り入れています。空港からバンコク市内までは、空港鉄道エアポート レイルリンクが便利です。市内まで直行のエクスプレスで所要時間は 18 分。各駅停車だと 30 分弱でパヤタイ駅に到着します。パヤタイ駅では高架鉄道 BTS に乗り換えることができます。
    市内の地下鉄 MRT 、高架鉄道 BTS は、観光にも安心して利用できる便利な交通機関です。タクシーや小型自動車トゥクトゥク、チャオプラヤー川のエクスプレス ボートなども現地の生活風景を体験できるおすすめの移動手段です。
    BTS サイアム駅から行く場合は、サラ デーン駅から電車に乗り、右手の階段を下りて外に出ます。近づくにつれて歩道に並ぶ屋台の数が増え、5 分も歩けば現地に到着します。

バンコク旅行

バンコクはタイ王国の首都で、ラオスやカンボジアを含むインドシナ半島の経済の中心地でもあります。観光業は大きな産業のひとつ。年間 1 千万人以上の観光客が世界中から訪れます。賑やかな大都会と、厳かな仏教文化が息づいた古今の歴史と伝統が調和した都市です。 バンコクは熱帯気候で、年間を通じて平均最高気温は 31 度以上です。一般的に雨季 (5 月~ 10 月)、乾季 (11 月~ 2 月)、暑季 (2 月~ 5 月)の 3 季節に分かれます。常に日差しが強く、高温多湿の気候のため、通気性の良い服装がおすすめです。エアコンが効きすぎている場所もあり、また寺院などは肌の露出した服装では入場できないので、羽織るものがあると便利です。
ワットポーと呼ばれるバンコク最古のお寺は、涅槃像だけでなく、タイ古式マッサージの総本山としても有名です。敷地内にあるマッサージ場では、観光客でも本場のマッサージを気軽に受けることができます。
ラタナコーシンと呼ばれる旧市街は、バンコク発祥の地。荘厳な王宮や、数々の荘厳な仏教寺院を見学することができます。カオ サン通りは、バックパッカーたちの拠点として世界的に有名で、若者が集まるパブやクラブ、アートギャラリー、おしゃれなホテルなどが続々オープンしています。このほか、旧市街の南東に広がるチャイナ タウンや、パッポン ナイト マーケットなど、活気に満ちた東南アジアならではのスポットを訪れてみましょう。

パッポン ナイト マーケット

バンコクのナイトライフを代表する、夜のショッピングに出かける「必見」コースとも言えるパッポン。当初は、ベトナム戦争の際に、アメリカ軍兵士が休暇(レスト・アンド・レクリエーション)を楽しむエリアだったそうです。建物が密集するシーロム地域にあり、パッポン通りに毎夜出現する屋台街を形成しており、いつも混雑しています。土産もの、衣料、アクセサリ、各種コピー商品などが販売されている怪しさに満ちています。 交通が便利で、夜遅くまで営業していることから、よくバンコクに着いて最初に行く名所とも知られています。しかし、大勢の外国人観光客が押し寄せ、近くにゴーゴー バーがあることから、騒々しい所なので、夜のお出かけの際にはより注意が必要です。 ここでのお買い物の際には、値引き交渉が必須!値引き交渉が難しいなら無理して買わず、マーケットの雰囲気を楽しむのも良いでしょう。また、毎日15時ころから始まる、屋台の組立作業を見るのもおススメです! 隣接するタニヤ通りには日本人駐在員が多く利用する邦人向け高級クラブが立ち並び、ほとんどの店で日本語がある程度は通じます。

おすすめ宿泊エリア

バンコクにはデラックスなシティ ホテルとしてシェラトン グランデ スクンビット ラグジュアリー コレクション ホテル バンコクソフィテル バンコク スクーンビット、ビジネスにもレジャーにも最適なジ ウェスティン グランデ スクンビット、バンコ、川沿いにそびえるリゾート ホテルのモンティエン リバーサイド ホテルなど有名なホテルが多くあります。近年では、サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコクなどおしゃれなブティック ホテルも増えています。ホテルズドットコムは、その他にもお客様のニーズに合ったバンコクのホテルを検索できます。
サイアム スクエアからラーチャダムリ通り周辺は、リーズナブルな雑貨から最新の高級ブランド品までが揃うバンコク最大のショッピングエリア。周辺には有名観光スポットも点在しており、大都会バンコクを満喫するのに最適です。市内東部のスクンビット周辺は、閑静な高級住宅街で、高級ホテルからおしゃれなデザイナーズ ホテルが集まっています。各国料理のレストランやカジュアルなカフェ、ブティック、雑貨店もオープンし、流行の発信地となっています。また、バンコク リバーサイドでは、大都市の賑わいのさなかにありながら、ウォーターフロントでゆったりとしたリゾート スタイルの滞在を堪能できます。 パッポン ナイト マーケットの周辺だと、メリディアン バンコクザ サイアム ヘリテージ ブティック スイーツザ タワナ バンコクなどがおススメです。

アクセス

バンコクの空の玄関口であるスワンナプーム国際空港 (BKK) までは、日本の主要空港から毎日直行便が運航しています。市内中心部から約 48 km の場所にあり、鉄道が乗り入れています。空港からバンコク市内までは、空港鉄道エアポート レイルリンクが便利です。市内まで直行のエクスプレスで所要時間は 18 分。各駅停車だと 30 分弱でパヤタイ駅に到着します。パヤタイ駅では高架鉄道 BTS に乗り換えることができます。
市内の地下鉄 MRT 、高架鉄道 BTS は、観光にも安心して利用できる便利な交通機関です。タクシーや小型自動車トゥクトゥク、チャオプラヤー川のエクスプレス ボートなども現地の生活風景を体験できるおすすめの移動手段です。
BTS サイアム駅から行く場合は、サラ デーン駅から電車に乗り、右手の階段を下りて外に出ます。近づくにつれて歩道に並ぶ屋台の数が増え、5 分も歩けば現地に到着します。