南区, 名古屋ガイシホール 周辺のホテル

南区, 名古屋ガイシホール 周辺の 5軒のホテル検索

会員限定のお得なシークレットプライスで予約

会員登録は無料です。

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

名古屋ガイシホールの旅行コース

名古屋旅行

名古屋市は日本の真ん中、愛知県西部に位置し、1610年に徳川家康が清須から町ごとすべてをこの地に移した「清須越し」により町の歴史がスタートしました。尾張徳川家のもとでものづくりが盛んとなり、「日本のものづくりの中心」として近代に至り、工業都市としての礎が築かれました。
また、最近では特長ある郷土料理が「なごやめし」として脚光を浴びています。東西の都に挟まれ、独特の進化を遂げた「なごやめし」を食べることが、今では名古屋を訪れる人の一番の楽しみになっていたりします。
名古屋を舞台に活躍し、天下統一を夢見た信長、秀吉、家康の三英傑。そして名古屋城がつくられて400年、近世武家文化を花開かせました。今日でも、名古屋城、徳川園などといった近世武家文化を感じることができる文化が名古屋には多く残されています。名古屋城の築城とともに城下町がつくられ、多くの職人が集まり名古屋のものづくり技術、産業が始まりました。その技術は、近代産業へと受け継がれ、日本の未来を導く産業都市として今なお発展を続けています。
恵まれた気候風土がもたらす豊富な食材、おいしい味を求める探究心は、独自の食文化へとつながりました。 味噌煮込み、味噌カツ、ひつまぶし、手羽先、あんかけスパなどは、「名古屋めし」の代表であり、全国的に知られるようになりました。また、2005 年には愛知万博も開催され、国内外から多数の観光客が来場しました。レゴランド屋外テーマパークも開館を控えており、今後注目の身近な観光都市となるでしょう。
名古屋の一番の見どころといえば名古屋城です。名古屋城は日本三城の1つで、その美しいたたずまいで、今でも人々を魅了しています。トヨタテクノミュージアム産業技術記念館は、トヨタ自動車の記念館で、自動車技術のほかにも、紡績技術の歴史などを紹介する展示があります。熱田神宮は、三種の神器の1つである「草薙剣」を祀った神社で、非常に歴史ある神社です。国宝や文化財も多数所有しています。「水の宇宙船」で有名なオアシス 21、中日ドラゴンズのホーム球状で知られているナゴヤドームなども名古屋観光お楽しみも増やしてくれます。

日本ガイシホール

日本ガイシホール (旧名古屋レインボーホール) は、名古屋市にある多目的な体育館です。スポーツイベントに限らず、定期的にスポーツ教室やライブ コンサートなども行われています。敷地面積は 75,035.34 ㎡、延べ床面積は 27,823.81 ㎡ にも及びます。3 つの競技場があるほか、温水プールも併設されています。日本ガイシホールには、サッカーやバドミントン、バレー、陸上競技など、さまざまなスポーツ施設がそろい、常に各種スポーツイベントが行われています。また観客席やアリーナなども備わっており、世界中からのアーティストのコンサートイベントが行われます。名古屋駅からJRにゆられること約11分。笠寺駅の西隣、日本ガイシホールの銀色に輝く巨大なドームは、まさに名古屋市の「スポーツの殿堂」としての威容を誇っています。

おすすめ宿泊エリア

ヒルトン名古屋ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋名古屋マリオットアソシアホテルなど有名なホテルが多くあります。味噌煮込みや手羽先、ひつまぶし、きしめんなど名古屋名物のお店が多々あり、名古屋駅や栄エリア周辺に泊まりながらグルメを楽しむことができます。栄駅周辺にもお手ごろ価格の快適なチェーンホテルなども多く集まっています。 日本ガイシホール周辺だと、名古屋笠寺ワシントンホテルプラザホテル深翠苑などがおススメです。日本ガイシホール周辺にはあまり宿泊施設がありません。種類、数ともに宿泊施設が豊富な名古屋駅周辺や、東海道本線の金山駅周辺で宿を選ぶのが得策です。

アクセス

飛行機でアクセスする場合は、中部国際空港セントレア(NGO) が便利です。空港からは 名古屋市へのバス、鉄道が出ています。また、名古屋駅には新幹線が止まるため、東京や大阪他、遠方からも簡単にアクセスできます。日本ガイシホールへのアクセスは、東海道新幹線が停まる名古屋駅から普通列車各種で笠寺駅、本笠寺駅、大江駅などで下車するのが良いでしょう。各駅からは徒歩で行くことができます。また中部国際空港セントレア (NGO) からは、特急列車と普通列車を乗り継いでアクセスできます。