名古屋, 名古屋ドーム 周辺のホテル

名古屋, 名古屋ドーム 周辺の 130軒のホテル検索

Hotels.com のメリット

  • ほとんどの客室予約に事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの客室のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

名古屋ドームの旅行コース

名古屋, 名古屋ドーム 旅行についてよくある質問

  • 名古屋, 名古屋ドーム を旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    野球好きの方なら、野球シーズンが当然いいですが、野球を全然知らない方は好きなコンサートが行われる時がいいです。

  • 名古屋, 名古屋ドーム の魅力的なところは?

    子どもたちが遊べるキッズエリア、球速を図ることも出来るアトラクションエリアなどがあって家族観光客にいいです。

  • 名古屋, 名古屋ドーム に行く方法(アクセス)

    電車をご利用になる場合、「ナゴヤドーム前矢田駅」「大曽根駅」が便利です。

名古屋, 名古屋ドーム について

名古屋ドームは、愛知県名古屋市に位置するドーム型の球場で、プロ野球セリーグの中日ドラゴンズが専用球場として利用しています。野球の試合はもちろん、アーティストのコンサートやその他スポーツイベントが行われたりすることで有名です。スタンドには 40,500 人を収容できます。中部地方における最大屋内コンサート会場であり、ドームツアーの一会場としてさまざまなライブ コンサートに利用されています。ドーム内 3 階 1 塁側には、歴代選手たちの様々なエピソードを紹介するパネル型展示エリアのドラゴンズミュージアムや、ボールプールやボルダリングで子どもたちが遊べるキッズエリア、球速を図ることも出来るアトラクションエリア、中日ドラゴンズ公式ファンクラブ専用カウンターのファンエリアが集まったドラゴンズワールドもあります。また、フードコートや多数のグルメショップも併設され、他では味わえないナゴヤドームの「球弁 (球場のお弁当)」を購入することもできます。

名古屋, 名古屋ドーム おすすめの宿泊

名古屋, 名古屋ドーム 周辺の観光地

  • 名古屋城

    名古屋城は、名古屋の一番の見どころといえます。日本三城の1つで、その美しいたたずまいで、今でも人々を魅了しています。国の特別史跡に指定されており、「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持ち、日本100名城にも選定されております。徳川家康が江戸幕府の安泰のために、東海道の要所として、また大坂方への備えとして築城。その後、明治維新までの約250年間、天守閣の屋根を飾る金のシャチホコとともに、徳川御三家の筆頭である尾張徳川家の居城として栄えました。天守閣、本丸御殿ともに戦災で焼失したが、昭和34年に天守閣が再建されたほか、現在、本丸御殿の復元工事が進んでおり、2013年5月から「玄関・表書院」の公開が始まりました。2018年にはすべて完成予定です。また、毎年8月上旬から中旬にかけて名古屋城宵まつりが行われるなど、年中賑やかな催しが行われます。

  • 名古屋ガイシホール

    日本ガイシホール (旧名古屋レインボーホール) は、名古屋市にある多目的な体育館です。スポーツイベントに限らず、定期的にスポーツ教室やライブ コンサートなども行われています。敷地面積は 75,035.34 ㎡、延べ床面積は 27,823.81 ㎡ にも及びます。3 つの競技場があるほか、温水プールも併設されています。日本ガイシホールには、サッカーやバドミントン、バレー、陸上競技など、さまざまなスポーツ施設がそろい、常に各種スポーツイベントが行われています。また観客席やアリーナなども備わっており、世界中からのアーティストのコンサートイベントが行われます。名古屋駅からJRにゆられること約11分。笠寺駅の西隣、日本ガイシホールの銀色に輝く巨大なドームは、まさに名古屋市の「スポーツの殿堂」としての威容を誇っています。

名古屋のトラベルガイド

  • 名古屋宿泊ガイド

    歴史豊かな産業都市、名古屋は名古屋駅周辺を中心に宿泊のチョイスも多様。名古屋近郊まで少し足を伸ばせば、温泉もあります。忙しいビジネスマンでも家族連れの観光客でも、誰もが満足できるオプションが揃っていま...

  • 名古屋ショッピングガイド

    東京と京都の間で独自の文化を培ってきた名古屋はショッピングの機会も多様で豊富。高級ブランドからカジュアル、庶民派の商店街まで何でも揃っています。これまでは名古屋といえば「栄」でしたが、最近では名古屋駅...

  • 名古屋で観る・遊ぶ

    名古屋は1610年に徳川家康が開府して以来の豊かな歴史を誇るとともに、世界最先端の製品を生み出してきた企業城下町でもあります。多様な背景があってこそのさまざまな体験をたっぷりとお楽しみください。

名古屋のトラベルガイド