中区, 愛知芸術文化センター 周辺のホテル

中区, 愛知芸術文化センター 周辺の 131軒のホテル検索

Hotels.com™ Rewards

10 泊ためて、1 泊分の宿泊特典を獲得

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

愛知芸術文化センターの旅行コース

中区, 愛知芸術文化センター 旅行についてよくある質問

  • 中区, 愛知芸術文化センターを旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    美術、劇、コンサート、図書まで含む文化センターです。特に、アートライブラリーすべての資料を公開し、一部は貸出も行っていますので多くの人に愛されています。芸術を愛する人で年中賑わっていますので、いつ訪ねてもいいです。

  • 中区, 愛知芸術文化センターの魅力的なところは?

    美術館、劇場から図書館まで多様な芸術文化活動を推進しています。各施設のレベルも高い、芸術をもっと深く楽しむことができます。

  • 中区, 愛知芸術文化センターに行く方法(アクセス)

    電車をご利用になる場合、栄駅から徒歩で2分です。

中区, 愛知芸術文化センター について

愛知芸術文化センターは、将来に向けた多様な芸術文化活動を推進する一大拠点として、愛知県が建設した総合文化施設です。当センターは、平成4年10月30日栄地区にオープンした愛知県美術館、愛知県芸術劇場、アートプラザ、アートスペース、アートライブラリーと、平成3年4月名城地区にオープンした愛知県図書館により構成されています。愛知県美術館は、人々の芸術文化に対する高度・多様化しつつある関心に十分応えていくとともに、訪れる人々がより深い感性を養うことができるような場となることを目指してしています。また、愛知県芸術劇場は、本格的なオペラが上演可能な機能を備えた大ホール、優れた音響効果と親しみやすい雰囲気を備え、音楽をより美しく豊かに堪能できるコンサートホールです。

中区, 愛知芸術文化センター おすすめの宿泊

中区, 愛知芸術文化センター周辺の観光地

  • 名古屋城

    名古屋城は、名古屋の一番の見どころといえます。日本三城の1つで、その美しいたたずまいで、今でも人々を魅了しています。国の特別史跡に指定されており、「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持ち、日本100名城にも選定されております。徳川家康が江戸幕府の安泰のために、東海道の要所として、また大坂方への備えとして築城。その後、明治維新までの約250年間、天守閣の屋根を飾る金のシャチホコとともに、徳川御三家の筆頭である尾張徳川家の居城として栄えました。天守閣、本丸御殿ともに戦災で焼失したが、昭和34年に天守閣が再建されたほか、現在、本丸御殿の復元工事が進んでおり、2013年5月から「玄関・表書院」の公開が始まりました。2018年にはすべて完成予定です。また、毎年8月上旬から中旬にかけて名古屋城宵まつりが行われるなど、年中賑やかな催しが行われます。

  • 名古屋市科学館

    「みて・ふれて・たしかめて」をコンセプトに、さまざまな展示や体験を通じて、子どもから大人まで楽しみながら科学にふれることができる総合科学館です。2011年3月に内径35mの世界最大のプラネタリウムドーム「Brother Earth」を備えた新館がオープン。ドームの球体を強調した外観デザインに加え、マイナス30度の部屋でオーロラ映像を体験できる装置や、高さ9mの人工竜巻を体験できる装置など、エンターテイメント性豊かな四つの大型展示も設置されています。また、太陽光発電や壁面緑化、制震構造やエレベーター構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっている等、約220種類の展示が楽しめます。サイエンスショーをはじめとした実演や実験を毎日行っており、週末には身の回りの簡単な材料や自然素材を用いて製作する工房なども開催しています。