中区, 愛知芸術文化センター 周辺のホテル

中区, 愛知芸術文化センター 周辺の 123軒のホテル検索

会員限定のお得なシークレットプライスで予約

会員登録は無料です。

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

愛知芸術文化センターの旅行コース

名古屋旅行

名古屋市は日本の真ん中、愛知県西部に位置し、1610年に徳川家康が清須から町ごとすべてをこの地に移した「清須越し」により町の歴史がスタートしました。尾張徳川家のもとでものづくりが盛んとなり、「日本のものづくりの中心」として近代に至り、工業都市としての礎が築かれました。
また、最近では特長ある郷土料理が「なごやめし」として脚光を浴びています。東西の都に挟まれ、独特の進化を遂げた「なごやめし」を食べることが、今では名古屋を訪れる人の一番の楽しみになっていたりします。
名古屋を舞台に活躍し、天下統一を夢見た信長、秀吉、家康の三英傑。そして名古屋城がつくられて400年、近世武家文化を花開かせました。今日でも、名古屋城、徳川園などといった近世武家文化を感じることができる文化が名古屋には多く残されています。名古屋城の築城とともに城下町がつくられ、多くの職人が集まり名古屋のものづくり技術、産業が始まりました。その技術は、近代産業へと受け継がれ、日本の未来を導く産業都市として今なお発展を続けています。
恵まれた気候風土がもたらす豊富な食材、おいしい味を求める探究心は、独自の食文化へとつながりました。 味噌煮込み、味噌カツ、ひつまぶし、手羽先、あんかけスパなどは、「名古屋めし」の代表であり、全国的に知られるようになりました。また、2005 年には愛知万博も開催され、国内外から多数の観光客が来場しました。レゴランド屋外テーマパークも開館を控えており、今後注目の身近な観光都市となるでしょう。
名古屋の一番の見どころといえば名古屋城です。名古屋城は日本三城の1つで、その美しいたたずまいで、今でも人々を魅了しています。トヨタテクノミュージアム産業技術記念館は、トヨタ自動車の記念館で、自動車技術のほかにも、紡績技術の歴史などを紹介する展示があります。熱田神宮は、三種の神器の1つである「草薙剣」を祀った神社で、非常に歴史ある神社です。国宝や文化財も多数所有しています。「水の宇宙船」で有名なオアシス 21、中日ドラゴンズのホーム球状で知られているナゴヤドームなども名古屋観光お楽しみも増やしてくれます。

名古屋芸術文化センター

愛知芸術文化センターは、将来に向けた多様な芸術文化活動を推進する一大拠点として、愛知県が建設した総合文化施設です。当センターは、平成4年10月30日栄地区にオープンした愛知県美術館、愛知県芸術劇場、アートプラザ、アートスペース、アートライブラリーと、平成3年4月名城地区にオープンした愛知県図書館により構成されています。
愛知県美術館は、人々の芸術文化に対する高度・多様化しつつある関心に十分応えていくとともに、訪れる人々がより深い感性を養うことができるような場となることを目指してしています。
また、愛知県芸術劇場は、本格的なオペラが上演可能な機能を備えた大ホール、優れた音響効果と親しみやすい雰囲気を備え、音楽をより美しく豊かに堪能できるコンサートホールです。
地下2階のアートプラザは、いろいろな角度から芸術文化に関する情報を皆様に提供します。 国内外の展覧会や公演の情報を集めた情報コーナーを設け、芸術への好奇心が集う場になるよう、芸術文化の姿を幅広く各種メディアを通じて紹介します。
アートスペースは、様々な芸術文化活動の表現・交流の場として小人数から大人数まで幅広くご利用いただける催事室です。講演会、展覧会、会議、セミナーなど多目的に御活用ください。貸出については、施設利用受付窓口までお問い合わせください。
アートライブラリーでは、芸術に関する資料を広範囲に収集・公開している図書室です。美術・音楽・演劇などに関する図書や、展覧会カタログ・楽譜・雑誌などの文献資料のほか、クラシック音楽を中心としたCDや映像資料なども収集しています。広く一般の方にご利用いただけるよう、すべての資料を公開し、一部は貸出も行っています。

おすすめ宿泊エリア

ヒルトン名古屋ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋名古屋マリオットアソシアホテルなど有名なホテルが多くあります。味噌煮込みや手羽先、ひつまぶし、きしめんなど名古屋名物のお店が多々あり、名古屋駅や栄エリア周辺に泊まりながらグルメを楽しむことができます。栄駅周辺にもお手ごろ価格の快適なチェーンホテルなども多く集まっています。
名古屋芸術文化センターの周辺だと、ホテルトラスティ名古屋栄ホテルマイステイズ 名古屋栄名古屋東急ホテルなどがおススメです。

アクセス

飛行機でアクセスする場合は、中部国際空港セントレア(NGO) が便利です。空港からは 名古屋市へのバス、鉄道が出ています。また、名古屋駅には新幹線が止まるため、東京や大阪他、遠方からも簡単にアクセスできます。
名古屋芸術文化センターまでは、地下鉄をご利用の場合は、東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩3分、名鉄をご利用の場合、瀬戸線「栄町」駅下車、徒歩2分(オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)となります。