東京, タカシマヤタイムズスクエア 周辺のホテル

東京, タカシマヤタイムズスクエア 周辺の 128軒のホテル検索

東京への訪問予定日は ?

Hotels.com™ Rewards

10 泊ためて、1 泊分の宿泊特典を獲得

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

タカシマヤタイムズスクエアの旅行コース

タカシマヤタイムズスクエア についてよくある質問

  • タカシマヤタイムズスクエアへ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    タカシマヤタイムズスクエアの営業時間は、平日・日曜日:午前10時~午後8時、金・土曜日:午前10時~午後8時30分で年中無休です。

  • タカシマヤタイムズスクエアの魅力的なところは?

    都内の主要ターミナル駅である「新宿駅」の駅前という好立地で、特に東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」からはタカシマヤタイムズスクエアの地下1階に地下鉄口と直結しているので、天候に左右されずショッピングを楽しめます。また、新宿には数多くの百貨店が軒を連ねていますが、新宿地区内では現在唯一の空港型市中免税店の「高島屋免税店 SHILLA&ANA」がオープンしました。売り場は、関税や酒税、たばこ税などが免税となる商品を集積した「Duty freeゾーン」と、持ち帰りのニーズに応える「Tax Freeゾーン」で構成されています。人気のコスメや日本の菓子、伝統工芸品などに加え、ニーズの高いドラッグストアアイテムへの対応として、店舗内に「マツモトキヨシ」を導入。家電は「ラオックス」を中心に展開。利用は成田空港か羽田空港から海外に出国する本人に限られ、パスポート、航空券など海外への出国が確認できるものが必要です。購入は出発日の30日前から前日まで、羽田空港を午前0時から午前5時59分までに出発する便を利用する場合は前々日までとなります。なお、海外旅行の予定がある日本人が利用できるのは原則として「Duty free商品」のみになり、商品の受け取りは出発する空港でとなります。

  • タカシマヤタイムズスクエアに行く方法(アクセス)

    JR「新宿駅」新南改札・ミライナタワー改札より徒歩1分、都営新宿線・都営大江戸線・京王新線「新宿駅」より徒歩5分。東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より徒歩3分。タカシマヤタイムズスクエアの地下1階が地下鉄口と直結しているので、天候に左右されず常に快適なショッピングが楽しめます。バスタ新宿より徒歩2分。お車でもタカシマヤタイムズスクエア本館駐車場、周辺契約駐車場があるので安心です。なお南館は新宿駅より「代々木駅」の方が至近です。

タカシマヤタイムズスクエアについて

タカシマヤタイムズスクエアは、百貨店や専門店などで構成される、高島屋が運営している複合商業施設です。現代的なデザインの建物が2棟並んでいます。数ある線路を超えた対岸には新宿サザンテラスがあり、連絡橋(イーストデッキ)と新宿駅南口沿いの甲州街道で繋がっています。東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄新宿線の「新宿三丁目駅」とは少し離れていますが、東京メトロ副都心線の同駅は150m程の地下通路で高島屋の地下1階食料品売場と接続しています。高島屋にとって新宿への進出は長年の悲願でした。2000年代後半には、手芸品を扱うユザワヤやカジュアル衣料品のユニクロなどのテナントを入れることで客層の拡大を試みるも、2013年まで赤字が続いていました。本館は高島屋を中核とし、東急ハンズなどのテナントが存在します。南館は本館から連絡通路によってつながっていて、最上階は演劇ホール「紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA」となっています。現在は、百貨店、免税店、ユニクロ、東急ハンズ、ニトリ、紀伊國屋サザンシアターなどの大型施設を中心として構成されています。2017年に東京では3店舗目、新宿地区では初となる空港型市中免税店の「高島屋免税店 SHILLA&ANA」が11階にオープンしたことで今注目を集めています。

タカシマヤタイムズスクエア おすすめの宿泊

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

東京の特別割引ホテル

東京の直前割引ホテル

タカシマヤタイムズスクエア周辺の観光地

  • 歌舞伎町

    高級料亭からバー、ファーストフードまであらゆる飲食店・遊技施設・映画館が集中する日本の代表的な歓楽街です。 「24時間眠らない街」とも言われ、深夜になってもネオンで明るく人通りも多いです。

  • 都庁

    第一本庁舎は高さ243mで、完工当時は日本一の高さを誇った超高層ビルです。東京の観光名所の一つとして、無料開放されている展望室に訪れる人が後を絶ちません。夜間はライトアップされる上、バーや喫茶店、土産店も併設されています。第一本庁舎32階(第二本庁舎4階)には職員食堂や売店などがあり、来庁者は誰でもセルフ方式で利用できます。

東京のトラベルガイド

東京のトラベルガイド