北区, 金閣寺 周辺のホテル

北区, 金閣寺 周辺の 126軒のホテル検索

会員限定のお得なシークレットプライスで予約

会員登録は無料です。

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

金閣寺の旅行コース

金閣寺についてよくある質問

  • 1. 金閣寺はどんな所?

    京都といえば金閣寺!その始まりは室町幕府三代将軍の足利義満が、この地に来た山荘北山殿として作ったことにあると言われます。 金閣寺と呼ばれていますが、正式には鹿苑寺といいます。金閣寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経がこの地に西園寺を建立しました。 鎌倉幕府滅亡後、荒れ果てた西園寺を足利義満が譲り受け、「北山殿(北山第)」と呼ばれる大規模な邸宅を造営しました。邸宅とはいいながら御所に匹敵する大規模なもので義満はここで政治の実権を握りました。
    足利義満の死後、遺言により北山山荘は舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となりました。禅寺の名前は義満の法名鹿苑院殿から二次をとって鹿苑寺と名付けられました。
    室町幕府3代将軍 足利義満が1398年に建てた金の舎利殿は室町時代を代表する建築の一つです。当時は京都御苑に匹敵する敷地があり、日本の政治機能が集約されていました。金色の舎利殿は釈迦の骨を奉るためのもで信仰の深さが伺いとれます。三階建てのこの舎利殿は建築様式が全て異なり、1層(初層)は寝殿造り、2層は武家造り、3層は禅宗仏殿造りと各層ごとに別々の建築様式を用いた異色の造りになっています。近代日本文学を代表する傑作の一つである三島由紀夫の長編小説「金閣寺」では金閣寺の美しさを文章でたっぷりと表現しています。
    金閣は創建後、幾度も修理を行ってきたが、昭和25年の放火により全焼しました。この事件は三島由紀夫の小説「金閣寺」や水上勉の「金閣炎上」でも話題になりました。現在の舎利殿は事件から5年後の昭和30年に復元されたものであります。 舎利殿の他にも、当時考えられていた日本列島の形を模したとされる池泉回遊式庭園は、国の特別史跡および特別名勝で、鏡湖池に映る金閣の姿も見どころのひとつ。 また、境内の数寄屋造りの茶席は、ここから眺める夕陽を浴びた金閣が美しいことから「夕佳亭(せっかてい)」の名がつけられています。 平成6年(1994年)世界文化遺産に登録さえました。

  • 2. 金閣寺周辺のおススメのホテルは?

    有名観光地だけあって、この周辺は口コミ評価の高い宿も多くあります。シアター&ライブラリーレジデンス京都紫野伝心庵京の宿華西陣等近代的で快適なビジネスホテルのほか、京風情たっぷりの旅館や町家、お手頃価格のゲストハウスもあり、京都ならではの体験コースなど宿滞在が楽しくなるサービスなど趣向をこらしたおもてなしが期待できます。

  • 3. 金閣寺のある京都はどんな所?

    いつ訪れても古都の魅力で迎えてくれる京都。日本が誇る和の心溢れる観光地で、一人旅にも、女子旅にも家族旅行にもぴったりの旅先です。京都には、東に鴨川西に桂川が流れ、やがて南で宇治川も合流し大阪湾へと流れていきます。都市全体いたるところに名所旧跡が点在します。その中でも特に観光客が多く訪れるエリアとして、東に清水寺を中心とした清水エリア、西に嵐山エリアがあります。京都旅行のスタートとなる京都駅、京都観光のハイライトとも言える清水寺、言葉要らずの日本美を誇る金閣寺、古都ならではの歴史と文化を辿れる二条城など、数え切れないくらい多くの見所が点在しています。歴史・文化・京料理・パワースポット・世界遺産等の色々なテーマから選べるのはもちろん、年中多彩な催しや伝統行事が行われているので、旅のプラニングが更に楽しくなります。

  • 4. 金閣寺まではどうやって行きますか?

    京都は都市全体に観光地が点在しています。市内には主要観光地を周遊するバスもあり、観光客のための便利な一日乗り放題チケット等も充実しています。 京都市営バス「金閣寺前」(12・59系統)または「金閣寺道」(急行101・急行102・204・205・M1系統)バス停下車すると便利です。

京都旅行

いつ訪れても古都の魅力で迎えてくれる京都。日本が誇る和の心溢れる観光地で、一人旅にも、女子旅にも家族旅行にもぴったりの旅先です。京都には、東に鴨川西に桂川が流れ、やがて南で宇治川も合流し大阪湾へと流れていきます。都市全体いたるところに名所旧跡が点在します。

金閣寺に 5件予約されたシアター & ライブラリーレジデンス 京都紫野ホテルをおすすめします。ホテルズドットコムの口コミで北区の人気ホテルのノーススカイ ビーチ リゾート ホテルは 5件予約されました。

金閣寺

京都といえば金閣寺!その始まりは室町幕府三代将軍の足利義満が、この地に来た山荘北山殿として作ったことにあると言われます。 金閣寺と呼ばれていますが、正式には鹿苑寺といいます。金閣寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経がこの地に西園寺を建立しました。 鎌倉幕府滅亡後、荒れ果てた西園寺を足利義満が譲り受け、「北山殿(北山第)」と呼ばれる大規模な邸宅を造営しました。邸宅とはいいながら御所に匹敵する大規模なもので義満はここで政治の実権を握りました。
足利義満の死後、遺言により北山山荘は舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となりました。禅寺の名前は義満の法名鹿苑院殿から二次をとって鹿苑寺と名付けられました。
室町幕府3代将軍 足利義満が1398年に建てた金の舎利殿は室町時代を代表する建築の一つです。当時は京都御苑に匹敵する敷地があり、日本の政治機能が集約されていました。金色の舎利殿は釈迦の骨を奉るためのもで信仰の深さが伺いとれます。三階建てのこの舎利殿は建築様式が全て異なり、1層(初層)は寝殿造り、2層は武家造り、3層は禅宗仏殿造りと各層ごとに別々の建築様式を用いた異色の造りになっています。近代日本文学を代表する傑作の一つである三島由紀夫の長編小説「金閣寺」では金閣寺の美しさを文章でたっぷりと表現しています。
金閣は創建後、幾度も修理を行ってきたが、昭和25年の放火により全焼しました。この事件は三島由紀夫の小説「金閣寺」や水上勉の「金閣炎上」でも話題になりました。現在の舎利殿は事件から5年後の昭和30年に復元されたものであります。 舎利殿の他にも、当時考えられていた日本列島の形を模したとされる池泉回遊式庭園は、国の特別史跡および特別名勝で、鏡湖池に映る金閣の姿も見どころのひとつ。 また、境内の数寄屋造りの茶席は、ここから眺める夕陽を浴びた金閣が美しいことから「夕佳亭(せっかてい)」の名がつけられています。 平成6年(1994年)世界文化遺産に登録。

有名観光地だけあって、この周辺は口コミ評価の高い宿も多くあります。シアター&ライブラリーレジデンス京都紫野伝心庵京の宿華西陣等近代的で快適なビジネスホテルのほか、京風情たっぷりの旅館や町家、お手頃価格のゲストハウスもあり、京都ならではの体験コースなど宿滞在が楽しくなるサービスなど趣向をこらしたおもてなしが期待できます。
京都で特に観光客が多く訪れるエリアとして、東に清水寺を中心とした清水エリア、西に嵐山エリアがあります。京都旅行のスタートとなる京都駅 、京都観光のハイライトとも言える清水寺、古都ならではの歴史と文化を辿れる二条城など、 金閣寺のほかにも数え切れないくらい多くの見所が点在しています。歴史・文化・京料理・パワースポット・世界遺産等の色々なテーマから選べるのはもちろん、年中多彩な催しや伝統行事が行われているので、旅のプラニングが更に楽しくなります。