沖縄 のホテル

ホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

沖縄の旅行コース

沖縄 旅行についてよくある質問

  • 沖縄へ旅行に行くなら、いつが一番いいですか。

    ほぼ全域が亜熱帯気候であり、一部は熱帯に属する常夏の都市です。年間を通して温暖な気候であり、最高気温と最低気温の差も小さく標高の高い山も存在しないため氷点下になることもありません。沖縄らしさを満喫したい方は、夏に行くのがおすすめです。エメラルドブルーの海があなたを待っています。比較的お買い得な料金な冬にも、ホエールウオッチングができたりと見どころが尽きません。

  • 沖縄の魅力的なところは?

    国際通りはネオンがまたたくにぎやかな場所で、様々なショップやレストランが夜遅くまで営業しています。ヤシの並木道に沿って歩くと、観光客を歓迎する伝統舞踊を目にすることも珍しくありません。地元の特産品や手工芸品を売る小規模な店がたくさんあります。美浜アメリカンビレッジは家族そろって楽しめる複合商業施設で、アメリカにちなんだ店舗やレストランがあります。キッチュなアメリカン スタイルのお店やファストフード店に立ち寄り、遊園地の乗り物で羽を伸ばしましょう。DFS ガレリア沖縄は、大理石の壁面装飾が目を引くショッピング モールで、海外旅行でなくても免税品を購入できる市内型免税店です。お買い得品が豊富に取りそろえられ、デザイナー ショップの商品を低価格で購入できることでも評判です。見応え満点の沖縄美ら海水族館の目玉は、巨大なジンベイザメの水槽、熱帯ならではの海洋生物や外来の海洋生物を間近で観察できるガラスのトンネル、浅瀬のおとなしい生き物に触って癒やされるタッチプールなどです。ひめゆり平和祈念資料館は、第二次世界大戦中に補助看護要員として従軍した女学生を記念する施設で、砲撃中、この女生徒たちが身を隠した避難壕と併せて見学できます。

  • 沖縄に行く方法(アクセス)

    沖縄・那覇の玄関口、那覇空港から那覇市中心地の国際通り沿いまでは、那覇市のモノレール「ゆいレール」を利用する方がよいでしょう。那覇空港は那覇の中心市街地からほど近く、5 ㎞ (3 マイル) と離れていません。アジア各地、ニュージーランドからの定期便も運航しています。空港到着後はゆいレールに乗り、空港から路線の終点まで 30 分足らずで移動できます。沿線で利用者が多い駅は、地域最大級の市場に近い牧志駅、中央の各庁舎が近い美栄橋駅です。空港からは各観光地の都市に向けて定期バスが運行しており、目的地まで楽に移動できます。レンタカーを借りると観光地に直接移動できるのでおすすめです。

沖縄について

沖縄は日本屈指のリゾート地であり、歴史文化・沖縄料理・レジャー・マリンスポーツ・戦争遺跡など見どころ満載です。活気あふれるコスモポリタンな都市部と、数百の離島からなる地域で、国立公園なども点在し、自然豊かな都市です。ショッピングでもビジネスでも沖縄の中心は那覇で、近代的な高層ビルと伝統家屋が入り交じった風景が印象的です。美しい東シナ海に面した海岸の景勝地も散見されます。

沖縄 でおすすめの宿泊

下のリンクで割引のホテルをご確認できます。

沖縄の特別割引ホテル

沖縄の直前割引ホテル

沖縄の観光地

  • 国際通り

    全長約1.6kmにわたってみやげ品店やファッションショップ、レストランなどのお店が軒を連ね、ホテルも数多くあります。ネオンがまたたくにぎやかな場所で、様々なショップやレストランが夜遅くまで営業しています。 ヤシの並木道に沿って歩くと、観光客を歓迎する伝統舞踊を目にすることも珍しくありません。地元の特産品や手工芸品を売る小規模な店がたくさんあります。

  • 沖縄美ら海水族館

    「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館です。サンゴ礁の浅瀬を再現したタッチプールからはじまり、自然光のさしこむサンゴや熱帯魚の水槽、ジンベエザメやマンタなどが群れ泳ぐ「黒潮の海」、神秘的な深層の海まで、沖縄の海にダイビングする感覚で見学できます。

沖縄のトラベルガイド

沖縄のトラベルガイド

最大 40%! OFF !

お得な シークレットプライスに簡単アクセス