サランスク ホテル及び宿泊施設

3軒 サランスク のホテル検索

Hotels.com™ Rewards

10 泊ためて、1 泊分の宿泊特典を獲得

対象ホテルのシークレットプライスをチェック

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

サランスクの旅行コース

サランスクについて

インサル河畔にある、モルドヴィア共和国の首都サランスクは、エルジャ人やモクシャ人などの民族が暮らし、その力強い民族文化で知られています。街並みの美しさでも名高いサランスクは、歴史的建造物、礼拝所、美術館や博物館が多数あり、舞台芸術の中心地でもあります。ヨーロッパ的雰囲気を色濃く湛えたこの街に暮らした有名人としては、フランス人俳優ジェラール ドパルデユーが挙げられます。

サランスクのホテル

サランスクのホテルは、アッパー ミドル クラスの宿泊施設がほとんどで、選択の幅はあまりありません。ほとんどのホテルで WiFi が無料で使えます。コンチネンタル ブレックファーストやパーキングが無料の場合もあります。レストランを備えているホテルもあります。また、ホテルによっては、屋内プールやフィットネス施設、ゲーム用娯楽室などがある場合もあります。サランスクには高級ホテルはありません。低価格のホテルは、キッチン、ラウンジ、セルフサービスのランドリールームなど、共用設備の充実に力を入れています。格安ホテルでも、専用バスルームがあるのが普通です。

サランスクでの滞在先

サランスクの中心部は他のロシアの都市と比べ小規模で、ほとんど徒歩で回ることができます。滞在場所として旅行者に人気なのが、ゴラツコイ公園周辺です。市の中心部にあるこの地区は、聖テオドル大聖堂や市立劇場などの観光スポットに近く、緑豊かで、モルドヴィア アリーナで行われるサッカーの試合の観戦にも便利です。やや北側のサランスク駅周辺にも宿泊施設があります。駅近くの観光スポットには、モルドヴィア共和国人形劇場やモルドヴィア エリジャ視覚芸術美術館がありますが、他の観光スポットへも歩いて行くことができます。

サランスクの見どころ

数多い歴史的建造物やモニュメント、華麗な教会建築のなかでも、聖テオドル大聖堂は市の重要なシンボルの 1 つです。2000 年代初めに建てられたこの大聖堂は、金の屋根を持つ塔がひときわ目を引き、展望台からは市を一望にできます。また、力強い民族文化が特徴なのがサランスクです。旅行者は、モルドヴィア民族文化博物館、モルイドヴィア郷土史博物館やモルドヴィア エリジャ視覚芸術美術館でその文化に触れることができます。モルドヴィア エリジャ視覚芸術美術館は、モルドヴィア出身の彫刻家ステパン ドミトリーヴィチ エルザと画家フェドット シチコフの著名な芸術家 2 人の作品を中心に展示しています。サランスクにはまた、モルドヴィア演劇劇場やロシア連邦モルドヴィア国立演劇劇場など、多くの舞台芸術を上演する劇場があります。家族連れは、モルドヴィア共和国人形劇場での出し物を楽しんだり、アミューズメント施設もあるゴラツコイ公園やこじんまりした動物園を回ったりして、街を満喫できるでしょう。

サランスクへの行き方

サランスク空港は比較的小規模で、モスクワなどロシア国内の主要都市への便は多くありますが、国際線は乗り入れていません。サランスクへ行くには鉄道を使うしかなく、サランスク駅からは、モスクワやニジニ ノヴゴロドを始めとするロシア国内の都市への直通列車が定期的に運行しています。市内の移動は、本数があって安く、遅い時間まで運行しているバスやとローリーバスが主な手段になります。市の中心部が比較的小規模で多くの観光スポットが歩いて回れる距離にあるため、タクシーを使うとやや割高になります。