カリーニングラード ホテル及び宿泊施設

39軒 カリーニングラード のホテル検索

  • 事前払いまたは現地払いのオプション有
  • ほとんどの部屋のキャンセル手数料無料
  • 価格保証

カリーニングラードの旅行コース

カリーニングラードについて

活気にあふれる都市カリーニングラードは、ロシアの飛び地であるカリーニングラード州の州都であり、リトアニアとポーランドに挟まれたバルト海沿岸の都市です。川幅の広いプレゴリャ川の河畔にあるカリーニングラードは、かつてケーニヒスベルクと呼ばれ、プロイセン公国の首都でした。第二次世界大戦では甚大な被害を受けたため、現在のカリーニングラードの中心部のほとんどの建築物は、近代になって建てられたものです - とはいえ、ケーニヒスベルク大聖堂やブランデンブルク門など、中世の建築物や修復された建物もいくつか残っています。

カリーニングラードのホテル

カリーニングラードのホテルは、4 つ星の高級ホテルから格安ホテルまでさまざまですが、そのほとんどが中間層をターゲットにしています。WiFi と駐車場は宿泊料金に含まれている場合がほとんどで、朝食も無料です。高級ホテルには、フルサービスのスパやプール、レストランなどが併設されています。これらの多くは、洗練された、宿泊施設専用の現代的な建物ですが、プロイセン公国時代の豪華な屋敷を改装したホテルもあります。低価格ホテルは、多くの場合、ランドリールームやキッチンなどの便利な共用設備があります。また、バスルームが共同であったり、寮のような共同部屋になっている格安ホテルも少なくありません。

カリーニングラードでの滞在先

カリーニングラードには 3 つの主要地区があります。プレゴリャ川沿いのモスコフスキー地区にはクナイプホーフ島があり、ケーニヒスベルク大聖堂に近い宿泊先を探すなら、この地区がいいでしょう。モスコフスキー地区のすぐ北のツェントラリニ地区もアクセスが良く、ほとんどの美術館や記念像は歩いて回ることができます。レニングラーツキー地区は北東部へはやや遠いものの、さまざまなタイプのホテルがあるのが特徴です。川の眺めが魅力的な、緑豊かな場所です。特にマラウネンホフ エリアには、プロイセン時代の建物も多く残っています。

カリーニングラードの見どころ

ケーニヒスベルク大聖堂は、クナイプホーフ島にあります。もともと 14 世紀に建てられたケーニヒスベルク大聖堂は、第二次世界大戦後、大規模な修復が施されました。なかには生涯この地で暮らした偉大な哲学者カントを記念した、イマヌエル カント博物館があります。また、堂々とした構えのブランデンブルク門は、プロイセン公国時代からその歴史を刻んできたネオゴシック様式のアーチの 1 つです。近代建築について言えば、かつてケーニヒスベルク城があった場所に、ソビエト時代の家屋が建っています。一度も人が暮らしたことはなく、一般にも公開されてもいませんが、市の中心にあって目を引く建物です。カリーニングラードには、美術館やアートがラリーも多数あります。世界海洋博物館は、かつての調査船と潜水艦を展示施設として使っています。カリーニングラード琥珀博物館は、世界の琥珀の多くがこの地で産出されることを記念して建てられた博物館です。最も有名な美術館は、近現代美術を中心に展示するカリーニングラード州立美術館です。

カリーニングラードへの行き方

カリーニングラード州は、ロシアの飛び地なので、ロシアから行くには、ヨーロッパの国を 1 カ国以上経由する必要があります。外国人旅行者の多くがフラブロヴォ空港から、バスやタクシーで市の中心へ向かいます。各国からの列車が到着する主要駅がカリーニングラード駅です。また、ロシアやヨーロッパの国々からバスを使うルートもあります。カリーニングラードからおよそ1時間の距離にあるバルチースク港から発着するフェリーを使っても、ロシアやヨーロッパの多くの都市とカリーニングラードを行き来できます。カリーニングラード市内は、タクシー、トロリーバス、トラムやバスで移動できますが、値段と信頼性の点からバスが人気です。