ガイド

札幌で観る・遊ぶ

ホテル検索

札幌では定番の観光スポットのほか、野外体験や手作り・試飲といったアクティビティの機会も存分にあります。さらに市内各所にあるさまざまな公園はそれぞれに特徴があり、憩いのひとときを演出してくれます。

象徴

 

札幌のシンボルと言えば、なんといっても時計台。札幌農学校演舞場として明治11年に建てられ、現在、1階は展示室、2階は貸ホールとして使われています。時計台の向かいのビルには撮影テラスもあります。もうひとつの象徴が「赤れんが」と呼ばれ親しまれている北海道庁旧本庁舎。明治21年竣工のアメリカ風ネオバロック様式の建物で、現在は北海道立文書館として使用されていますが、今でも隣接する現道庁の会議に使われることがあります。かのウィリアム・クラーク博士が初代校長を務めた札幌農学校を前身とする北海道大学はポプラ並木が有名ですが、キャンパス全体に緑が多くゆったりと散策できる一押しスポットです。

 

公園

 

札幌の公園で、まず思い浮かぶのは大通公園でしょう。札幌市内の中心部を横断する長さ1.5キロ、面積約7.8ヘクタールの公園は雪まつりで有名ですが、5月にはライラックまつり、6月はYOSAKOIソーラン祭り、秋のさっぽろオータムフェスとなど1年を通して市民や観光客が集うイベント会場として使われています。中島公園には豊平館、人形劇場、札幌コンサートホール「Kitara」があるほか、さまざまな彫刻が点在し、癒しの空間を提供しています。百合が原公園は約25ヘクタールの敷地内にユリ、バラ、ライラック、ダリアが咲き乱れる花の公園です。

 

体験

 

国営滝野すずらん丘陵公園は、札幌市内で手軽に北海道の自然を体感できる場所です。渓流、中心、宿泊、森林体験、自然観察、保存の各ゾーンに分かれており、夏はサイクリング、釣り、滝めぐり、炊事遠足、冬はスキーやスノーボードのほか、スノーシューや歩くスキー、チューブそりを楽しめます。北海道開拓の村には北海道開拓時代の建物が多数移築されており、当時の生活をしのぶことができます。サッポロさとらんどでは、バター、アイスクリーム、そば、味噌、生キャラメルなどの手作り体験のほか、引き馬での乗馬にもトライできます。また、白い恋人パークではお菓子作りを体験できるほか、サッポロビール博物館や千歳鶴酒ミュージアムでは試飲を楽しめます。

 

展望台

 

さっぽろ羊ヶ丘展望台では、北海道ならではの牧歌的な風景と眼下の石狩平野の眺望を一度に堪能できます。敷地内にはクラーク博士の銅像のほか、足湯やレストハウス、チャペルなどがあります。さっぽろテレビ塔には地上90メートルの展望台があり、足元の大通公園から雄大な石狩平野、日本海まで360度のパノラマビューを満喫できます。大倉山展望台にはペアリフトに乗って上がり、標高300メートルの頂上から札幌の町並みを一望できます。藻岩山にはロープウェイが整備されており、531メートルの山頂から眺める夜景は、函館山、小樽天狗山とともに「北海道三大夜景」と呼ばれています。

 

宿泊場所

検索

札幌 での最高の休暇を検索

170 軒のホテルから検索