スキップしてメインページに進む。Enter キーを押して有効にしてください。
ガイド

アムステルダム宿泊エリアガイド

宿泊施設を検索

アムステルダムおすすめの宿泊エリアをご紹介します。アムステルダムの旅を満喫するのにベストなエリアが見つかります。

市街地

 

スキポール空港からは、アムステルダム市街地の北にある中央駅行きの鉄道が出ています。市街地の北側は、レストランやバーがひしめくエリアです。運河に囲まれた街の中心にはダム広場が広がり、王宮が堂々とした佇まいを見せています。ダム広場から続くカルフェ通りとニーウェンデイク通りは、沢山のショップが軒を連ねるショッピングストリート。東側の旧教会の近くには有名な飾り窓地区が広がっています。ニューマルクトの周辺でにぎわいを見せているのは、レストランが軒を連ねる中華街です。今は美術館として公開されているレンブラントの家があるのは、南東地区のウォータールー広場。ここで毎日開かれるフリーマーケットでは、古着や珍しい骨董品が売られています。



市街地のホテルを見る

 

 

環状運河地区

 

アムステルダムを象徴するものと言えば、17 世紀に造られた運河です。街の中心を囲うようにしてヘーレン運河、ケイザー運河、プリンセン運河が流れ、その形はまるで馬の蹄鉄のよう。同じようにして半円を描くのが、シンゲル運河です。運河沿いには洗練された住宅が並び、その多くが今はホテルとして利用されています。その他にも、水辺のレストランや自転車にやさしい道が周りを囲っています。ライツェ通りとラードハウス通りの間に走る 9 本の通りはナインストリートと呼ばれ、オランダ人デザイナーのファッショアイテムや古着が見つかる、買い物好きには嬉しいエリア。南へ下ればレンブラント広場やムント広場に辿りつきます。その周辺ではシンゲル運河の花市場が開かれ、カフェが軒を連ねます。



環状運河地区のホテルを見る

 

 

ミュージアムクォーター

 

ミュージアムクォーターは、市街地の南西、環状運河を超えた先にあります。ミュージアム広場には、ゴッホの作品の所蔵数世界一を誇るファンゴッホ美術館や、オランダで最大のアートギャラリーであるアムステルダム国立美術館など、世界に誇る貴重な文化施設が並びます。ブティックホテルや高級ホテル、高級ショップが軒を連ねるエリアでもあります。ミュージアム クォーターから西へ行けば、緑の豊かなフォンデル公園が広がり、東へ行けば、何でも揃うデパイプ地区に辿りつきます。デ パイプ地区にはレストランやバーがいくつも並び、学生からアーティストまで色んな人が住んでいます。



ミュージアム クォーターのホテルを見る

 



デ パイプ地区のホテルを見る

フォンデル公園

 

ヨルダーン地区と環状運河地区の南、ミュージアムクォーターから西へ進むと、フォンデル公園が広がっています。緑に囲まれた空気の新鮮な公園です。ピクニックやサイクリング、インラインスケート、フリーコンサートが楽しめるスポットとして人気を集めています。おすすめは週末に地元の人に交ざってのんびりと過ごすこと。フィルム博物館やオープン エア シアターがあるのもこの公園です。公園周辺には高級エリアが広がり、コルネリススハウト通りやヤコブオブレヒト通りなどデザイナーズショップが連なるおしゃれなストリートが並んでいます。フォンデル公園はミュージアム広場から歩いてすぐ、カフェのテラス席が並ぶにぎやかなライツェ広場の南西に位置します。



フォンデル公園のホテルを見る

 

 

ヨルダーン地区

 

アムステルダムの中心地と環状運河地区から西に位置するのがヨルダーン地区です。ここは元々、労働階級者が住むエリアでした。今はすっかり様変わりし、個性的なショップや様々なレストラン、バーが集まる地区になっています。ローゼン通り沿いにはアムステルダム市立美術館局が立ち、他にもこの地区には最先端のアートギャラリーが集まっています。北の端には第二次世界大戦時に隠れ家として使われたアンネフランクの家があり、東の方へ行けば、環状運河とナインストリートにぶつかります。伝統的なオランダ様式の家がどこまでも並ぶ、古き日のアムステルダムに出会える魅力的なエリアです。



ヨルダーン地区のホテルを見る

 

アムステルダムのおすすめのホテルが満載の Hotels.com のサイトはこちらから。